8月末発表「ホンダe」市販モデル全情報!! マジでこのまま売るのか!!


 ホンダは2020年8月末に発表予定の新型電気自動車、ホンダeのメディア向け技術説明会を開催し、初披露した。

 2017年9月のフランクフルトショーでコンセプトモデル、「アーバンEVコンセプト」が発表され、今回初めてホンダeの市販モデルの概要が明らかになった。

 ホンダeは専用のEV用プラットフォームに、シンプルでモダンなエクステリアを採用。

 コクピットには、世界初となる5つのスクリーンを水平配置し、AIによる音声認識をはじめとする最先端のコネクティビティを満載した。

 注目の電気モーターのスペックについては、154ps/32.1kgm、バッテリー容量は35kWh、航続距離はWLTCモードで283km、JC08モードで308kmとアナウンスされた。

 さて、ホンダeの実車はどうだったのか? 気になる中身をレポートしていこう。


文/ベストカーweb編集部
写真/ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】シンプル&モダンでカッコいい新型ホンダeの詳細を写真でチェック


発表は8月末、発売日、価格は?

市販モデルのホンダeを日本初披露

 2020年8月5日、市販型ホンダeのメディア向け事前説明会が開催された。この事前説明会は、ホンダeの開発コンセプトやクルマの概要、技術のハイライトなどが開発陣から説明を受けた後、車両の撮影および、ホンダeのAI音声認識/デジタルキー体験というメニュー。

 ホンダeのラインナップはシンプルな「ホンダe」、装備を充実させた「ホンダeアドバンス」の2グレード展開とアナウンスがあった。しかし、価格や発表・発売日、販売計画はエンバーゴ(情報解禁日時の制限)付きでまだ明らかにできないことを先に申し上げておく。

ホンダeの開発コンセプトは「シームレスライフクリエーター」

ハイマウントストップランプ、テールゲートハンドル、リアワイパー、マルチビューカメラをリアパネルやリアウインドウの黒いエリアに隠した

 それでは今回、明らかになった情報について順を追って解説していこう。

 説明会の冒頭、ホンダeの開発責任者、一瀬智史(いちのせともふみ)氏はホンダeの開発コンセプトをこう説明した。

 「ホンダらしさと何ぞや? 当社は絶対に他社を真似しないクルマを作ること。そしてヨーロッパの街中で見た狭い駐車スペース、スモールカーでもスタイリッシュなこと、ホンダ車をあまり見かけない……。またCAFEやMAASなど自動車にとって、100年に一度の変革期を迎えていること。

 そうしたなかで、我々が目指したものは、小さいボディで都市部で使いやすく、そして環境にも優しい”街なかベスト”なEVです。

 最近のEVは、大きなバッテリーを積んで幅が大きく重量も重く、取り回しもそれほど楽ではない。

 そのようなEVが多くなっていますが、ホンダeはその呪縛から1回逃れて、小さく作って都市部で使いやすいクルマにすると同時に、未来の技術を詰め込んでこれらを磨きに磨いて魅力あるクルマにしたいと考えました。

 タブレットも大きくて見やすくていいですが、普段ポケットに入れて使い勝手のいいスマートフォンのようなものを目指しました。

 通信環境が進化した今、自宅や職場、地域や国境を越えたコミュニケーションが自在に行えるようになり、仕事とプライベートも垣根なくシームレスにつなげるようになってきました。

 こうした時代のなか、人とクルマと社会がつながる、さまざまなシームレスライフを創造していただきたいという想いを込めて、ホンダeの開発コンセプトをシームレスライフクリエーターとしました」。

次ページは : ホンダeの特徴を解説!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ