なぜ急に!? スバルが主要モデル一斉受注終了! 全9車種の今後はどうなる?


 スバルは、公式HP上で「掲載モデルの新規注文受付は終了いたしました」と、全9車種の現行モデルを一斉に受注終了。

 レヴォーグなど新型モデルの登場を控えている車種もあるが、それ以外のモデルは今後どのような動きになっていくのか? 最新情報を遠藤徹氏がレポートする。

文:遠藤徹/写真:SUBARU

【画像ギャラリー】本文未掲載! スバルが一時受注終了する全9車種の写真をまとめてチェック!!


■スバルに一体何が!? 主要モデルの受注を一斉に終了

写真のインプレッサスポーツをはじめ、受注終了は9車種にもおよぶ

 スバルはこのほど主要モデルを一斉に受注を終了した。

 登録車はWRX S4を除くインプレッサスポーツをはじめインプレッサG4、XV、フォレスター、レガシイアウトバック、レガシイB4、レヴォーグ、BRZ、ジャスティの全9車種である。

 これは8~9月にフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ、一部改良、モデル廃止などで商品ラインアップを再編するためである。

 フルモデルチェンジするのはレヴォーグ、マイナーチェンジはジャスティ、一部改良はインプレッサスポーツ、インプレッサG4、XV、フォレスター、レガシイアウトバック、生産中止はレガシイB4、BRZとなっている。

 このうちアウトバックは、すでに改良モデルの受注をスタートさせている。従来モデルはほとんどが在庫を売りつくしている状況であり、8月下旬まではアウトバック、ジャスティ以外は販売できるモデルが殆どない状況が続きそうだ。

■レヴォーグは新型登場で現行型の受注がストップ

新型レヴォーグは2019年東京モーターショーに参考出品されたプロトタイプの市販バージョンとなる

 レヴォーグは、2019年秋開催の第46回東京モーターショーに参考出品したプロトタイプの市販バージョンとなる。大幅なクオリティアップ、走りのポテンシャルアップ、安全対策強化が図られる。

 パワーユニットは従来モデルの1.6&2L両ターボエンジンから、新開発の1.8Lターボに1本化して搭載する。8月20日に価格を決めて事前の受注をスタートさせる。

 新設定の1.8Lターボエンジンは、1.6Lターボの進化バージョンで高トルク&低燃費の両立が売り。2Lターボは一旦廃止するが、将来的には2.4~2.5Lターボとして搭載モデルを投入する可能性がある。

 コストアップ、上級シフトによって車両本体価格は従来モデルに比べて20万円程度の引き上げになりそうだ。

次ページは : ■インプレッサ&XVは年次改良、フォレスターはグレード再編

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ