世界に選ばれた精鋭 日本メーカーなくして存在しない海外のクルマ10選

世界に選ばれた精鋭 日本メーカーなくして存在しない海外のクルマ10選

 クルマのグローバル化とともに推進されているのが高効率化だ。車種整理、パワートレーン、共用部品の増加などはその一環にあるが、OEMというのも重要なものになっている。

 OEMというと作れないから供給してもらっている、エンブレムだけを変えたクルマ、というネガティブなイメージも根強く存在するが、自社で作るよりも安く作ることができる、とメーカーは割り切ってOEMを積極導入する傾向にある。

 本企画では、日本メーカーが資本関係がない海外メーカーに供給したOEM車、共同で開発したクルマを集めてみた。

文:ベストカー編集部/写真:ASTON MARTIN、TOYOTA、FCA、MAZDA、PEUGEOT、CITROËN、MITSUBISHI、MERCEDES BENZ、NISSAN、RENAULT、FCA、SUZUKI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】日本車がベースだから信頼性も高くて新たな魅力を得た日本車のOEM&共同開発車を詳しく見る!!


アストンマーティンシグネット

販売期間:2011~2013年(供給車:トヨタiQ)

高級車メーカーのアストンマーチンがiQをシグネットとして販売すると発表した時は世界が騒然とした。ある意味事件に近いニュースだった
高級車メーカーのアストンマーチンがiQをシグネットとして販売すると発表した時は世界が騒然とした。ある意味事件に近いニュースだった
ベースとなったiQと見比べると、シグネットがオリジナルデザインを実現するためにかなり手を入れているのがわかる
ベースとなったiQと見比べると、シグネットがオリジナルデザインを実現するためにかなり手を入れているのがわかる

 トヨタのiQは2008年にデビュー。全長2985×全幅1680×全高1500mmという全長が極端に短い特異なプロポーションが特徴のコンパクトカーだ。

 日本ではお世辞にも売れたとは言えないが、Gazoo Racingが手掛けたGRMNは希少価値もあり、今でも中古車では高値で取引されている。

 そのiQの1.3Lモデルが高級車メーカーのアストンマーティンにOEM供給され、シグネットいう車名で販売された。CAFÉ対策のためにコンパクトカーのラインナップの必要性が出て、アストンマーティンのおめがねにかなったのがiQだったという。

 シグネットはiQにアストンマーティンのエンブレムを装着しただけのOEM車ではなく、ブライトフィニッシュグリル、DBSと共通のエアインテークのほか、一部の外販パネルは専用設計とされるなど、非常に手が込んでいる。

リアコンビはクリアタイプに変更されている。これぞヴァンキッシュなどに通じるアストンマーティンのデザインアイデンティティ
リアコンビはクリアタイプに変更されている。これぞヴァンキッシュなどに通じるアストンマーティンのデザインアイデンティティ

 さらに高級ブランドとして音振対策も徹底し、エンジンマウントの交換、遮音材の追加などが施されている。

 インテリアも素材を厳選するだけでなく、センタークラスターをシグネット専用にデザインし変更が加えられている。

 シグネットは完成車として納入されたiQをアストンマーティンの工場で1台1台ばらして、シグネットに仕立てたというから驚く。

インテリアの素材は独自のモノを設定している。それよりも驚かされるのがセンターコンソールが独自デザインのものに変更されていることだ
インテリアの素材は独自のモノを設定している。それよりも驚かされるのがセンターコンソールが独自デザインのものに変更されていることだ

 日本でも2011年に限定50台(香港と合わせて)販売され、販売価格は475万円からとなっていた。これは同時期のiQの価格が160万~173万円だったから3倍近かった。

 シグネットは2011~2013年という短命に終わったが、小さいながら存在感は抜群。

次ページは : アバルト124スパイダー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!