新型アリア全情報 日産の技術で次世代SUVの覇権の粋を獲るか


 2020年7月15日、ついにワールドプレミアを果たした日産アリア。

 昨年の東京モーターショーでコンセプトカーが公開され、本誌ではこれまで「今年後半に販売開始の計画」とお伝えしてきたが、今回正式に「2021年中盤、日本から市販開始予定」と発表された。価格は500万円程度からとなる。

 発表後の反応も上々、登場が待ち遠しい! ということで、今回はアリアについて今わかっていること、そこに集められた日産の知見の粋を全方位から詳報したい。

【画像ギャラリー】カラーリングなど本文に載せきれなかったトピックも含めて、日産アリアの魅力を特集!

※本稿は2020年7月のものです
文・写真:ベストカー編集部/撮影:平野 学、中里慎一郎
初出:『ベストカー』 2020年8月26日号


■ハリアー RAV4などよりも短く、CX-5に近いサイズ感

 全長4595mm、全幅1850mm、全高1655mmというボディサイズは、マツダCX-5に近いサイズ感だけど、ホイールベースが2775mmと長く、前後のオーバーハングが短く、クーペルックのラウンドしたルーフと大きく傾斜したバックドアが作り出すフォルムは、クロスオーバーSUVという既存のジャンルで言い表せない“新ジャンル”を感じさせる。

サイドビュー

 実際現車を見ると、それ相応のボリューム感はあるものの、大きい! という印象はなく、シュッと伸びやかな、スタイリッシュな佇まい。

フロントビュー
リアビュー

■2タイプのバッテリーそれぞれに2WD&4WD設定

 バッテリーについての詳しい解説はギャラリーを御覧いただきたいが、65kWh仕様と90kWh仕様があり、それぞれに2WDと4WDが設定される。

同じく日産のリーフのバッテリー容量は40kWh(モーター:110kW/320Nm)と62kWh(モーター:160kW/340Nm)

 65‌kWh仕様の2WDは160kW(217ps)、300Nm(30.6kgm)、もっともハイパワーの90‌kWh仕様の4WDだと実に290kW(394ps)、600Nm(61.2kgm)という高出力。航続距離は仕様により430~610kmとなる。

次ページは : ■先進的デザインのインテリア

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ