新型アリア全情報 日産の技術で次世代SUVの覇権の粋を獲るか

 2020年7月15日、ついにワールドプレミアを果たした日産アリア。

 昨年の東京モーターショーでコンセプトカーが公開され、本誌ではこれまで「今年後半に販売開始の計画」とお伝えしてきたが、今回正式に「2021年中盤、日本から市販開始予定」と発表された。価格は500万円程度からとなる。

 発表後の反応も上々、登場が待ち遠しい! ということで、今回はアリアについて今わかっていること、そこに集められた日産の知見の粋を全方位から詳報したい。

【画像ギャラリー】カラーリングなど本文に載せきれなかったトピックも含めて、日産アリアの魅力を特集!

※本稿は2020年7月のものです
文・写真:ベストカー編集部/撮影:平野 学、中里慎一郎
初出:『ベストカー』 2020年8月26日号


■ハリアー RAV4などよりも短く、CX-5に近いサイズ感

 全長4595mm、全幅1850mm、全高1655mmというボディサイズは、マツダCX-5に近いサイズ感だけど、ホイールベースが2775mmと長く、前後のオーバーハングが短く、クーペルックのラウンドしたルーフと大きく傾斜したバックドアが作り出すフォルムは、クロスオーバーSUVという既存のジャンルで言い表せない“新ジャンル”を感じさせる。

サイドビュー

 実際現車を見ると、それ相応のボリューム感はあるものの、大きい! という印象はなく、シュッと伸びやかな、スタイリッシュな佇まい。

フロントビュー
リアビュー

■2タイプのバッテリーそれぞれに2WD&4WD設定

 バッテリーについての詳しい解説はギャラリーを御覧いただきたいが、65kWh仕様と90kWh仕様があり、それぞれに2WDと4WDが設定される。

同じく日産のリーフのバッテリー容量は40kWh(モーター:110kW/320Nm)と62kWh(モーター:160kW/340Nm)

 65‌kWh仕様の2WDは160kW(217ps)、300Nm(30.6kgm)、もっともハイパワーの90‌kWh仕様の4WDだと実に290kW(394ps)、600Nm(61.2kgm)という高出力。航続距離は仕様により430~610kmとなる。

■先進的デザインのインテリア

 ドアを開けると、インテリアはいかにも“先進車”といった感じで、メーターなどを表示する2つの12.3インチ液晶パネルがドライバーの正面に配置され、インパネにはパワースイッチ以外の物理的スイッチはない。

 ブラックアウトされたインパネはパワースイッチをオンにするとエアコン操作アイコンが浮かび上がる。手を触れると、操作感が振動により伝わるので、運転中に手探りでも操作可能。

 室内を覗き込むととにかくフロアがフラットで広い! 前席足元は奥に深く、ドライビングポジションは自由度が高い。

センタートンネルのないフラットなフロアと、2775mmのロングホイールベース、ショートオーバーハングによるパッケージングにより、前席足元は深く、前席の位置も前寄り
前後席間距離が広く、後席足元は広々していることがわかる

 センタートンネルの突起がないため後席足元はフラットで、また前後空間に余裕があり楽な姿勢で座ることができる。

 これは、フロア下に配置したバッテリーケースにクロスメンバーを組みこむことで実現。

 またエンジンがないため、エアコンユニットをフロントフード内に配置するなど、EV専用車ならではのパッケージングによるメリットを生かしたもの。

後部荷室はテールゲート開口部の床面がやや高く、天地が少々低く感じたが、奥行きは充分だ

■「プロパイロット2.0」「プロパイロットパーキング」など

 運転支援技術は一定の条件下でのハンズオフを可能とする「プロパイロット2.0」に加え、「プロパイロットパーキング」も採用するなど、最先端。

プロパイロット2.0のイメージ図

 コネクト技術も搭載され、スマホとの連動でルート検索やエアコン操作なども可能とする。

■開発を取りまとめた中嶋光CVEに聞く

日産自動車 中嶋光CVE

「EVのネガは潰しました。逆に、モーターで走るクルマだからこそ可能となった楽しさを感じてほしいです」と、熱い心意気を語ってくれた中嶋光CVE。

 特にe-4ORCEはGT-Rなどで培った4輪駆動の知見を活かした制御が自慢だという。まさに、最先端の近未来のモビリティを実現する第一歩がアリアなのだ!

■アリアボディサイズ
・全長×全幅×全高:4595×1850×1655mm
・ホイールベース:2775mm
・車重:1900~2200kg
・荷室寸法:2WD=466L、4WD=408L
・タイヤサイズ:235/55R19、255/45R20

【画像ギャラリー】カラーリングなど本文に載せきれなかったトピックも含めて、日産アリアの魅力を特集!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ