死んでしまう!! 車内熱中症を防げ! 車内温度を下げるためにすべきこと


 連日35℃を超える猛暑日が続き、灼熱の太陽光が降りそそぐ車内は死の恐怖を感じるほど危険だ。

 炎天下にクルマを長時間駐車した場合、車内の温度は50℃以上に達し、熱中症の危険もはらんでいる。

 そこで、車内の温度を上げないようにする方法はあるのか? 身近なサンシェードやドアの開閉だけで温度は下がるのか? 

 また50℃以上に上がってしまった車内の温度を早く下げるにはどの方法がベストなのか? モータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。


文/高根英幸
写真/高根英幸 JAF
出典/JAF

【画像ギャラリー】気温30度以上の真夏日 車内に置いたものはどうなる?


1時間の駐車で車内の温度は50℃以上

 梅雨が明けた途端、酷暑とでも呼ぶべきほどの暑い夏にガラリと変わった。そう思うほど、今年の夏は極端な季節の移り方をした。

 この時期に問題となることの一つが駐車時の車内温度の上昇だ。条件によっては1時間の駐車で50℃を超えるほど、真夏の車内は危険ですらあるのだ。

 黒や紺などの濃色車は、照り付ける日光だけでボディは80℃を超えるほど高温になってしまうことも珍しくない。長時間駐車していると車内は70℃になったという実験結果もある。

 そして何より車内が冷えるまでは運転も同乗も不快でしかなく、温度が下がるまでは我慢を強いられるのだ。

 ステアリングが熱くて触れない場合は冷えるのを待たなければならないこともあり、出発までに準備時間を強いられることは移動時間のロスを増やすことにつながる。

 したがって、真夏の駐車はいかに車内の温度上昇を抑えるか、が快適な移動を実現するための大事なポイントとなるのだ。

 温度を下げる必要が少ないほど、燃費低下の抑制にも貢献するし、熱い思いをしながらの運転は集中力を低下させるので安全性にも影響が出る。

どうすれば車内の温度上昇を抑えることができるか?

 春や秋なら駐車する方向や角度を考えるだけで、フロントウインドウからの直射日光を抑えることはできるが、ほぼ真上に太陽がある真夏は、残念ながらそれくらいの工夫では効果が薄い。

 最近のクルマは遮熱ガラスを採用しているクルマもあり、カーウインドウフィルムもUV(紫外線)だけでなく熱線(赤外線)をカットしてくれる機能性の高い商品もあるから、それだけでかなり車内の温度上昇を抑えられるものと思いがちだが、車内を熱するのは窓からの直射日光だけではない。

 ルーフパネルが高温になればライニングを通して室内に熱気を伝えてくる。さらに走行直後はエンジンルームからの熱気がダッシュボード奥のバルクヘッドからも伝わってくるし、駐車前まで熱せられていた駐車スペースの路面からの輻射熱がフロアパネルを暖め、じんわりと室内の温度を上昇させる。

 そういった意味では屋内や日陰に駐車するのが一番の対策なのだが、そもそも止める場所を選べないことも多い。

 フロントウインドウにサンシェードを装着することは、今や夏の駐車対策としてはベーシックなものだろう。最近はフロントウインドウの大きさに合わせて、様々なサイズのサンシェードが販売されている。

 陽射しを遮るだけというなら、段ボールでも代用できそうだが、サンシェードは光を反射するコーティングが施されており、それ自体の温度上昇を防ぐとともに熱線などを反射して車外に追い出してくれるから、単なる日除け以上の効果が期待できるのだ。

 サイドウインドウやリアウインドウは紫外線、熱線をカットする能力を備えていても、フロントウインドウは安全性が特に要求される部分だけに純正のウインドウガラスは熱線カットの効果も低めだ。

 しかもガラス面積が広いため、何も対策しなければダッシュボードを高温にして、グングンと室温を上げてしまう。

 サイドウインドウを少し下げて駐車するのも効果的だが、問題もある。ゲリラ豪雨が珍しくなくなった昨今、豪雨に遭うと少しの窓開けでも室内に雨水が流れ込むことになる。

 これがパワーウインドウなどドアトリムに配置されているスイッチに大量に注がれると、故障の原因にもなりかねない。

 また、大きく下げ過ぎると車上荒らしの格好の餌食になってしまう心配もある。奴らは閉め切っていてもリアドアの小窓などを割って、車内の貴重品を盗んでいくが、窓が開いているとそうした犯罪を誘発しやすい環境を作ってしまうことにもなる。

 サイドバイザーを装着していると雨が吹き込む可能性は少なくなるが、そのぶん熱気の抜けも悪くなる。

 最近の純正サイドバイザーは走行風を負圧に利用して室内の空気を吸い出すタイプもあり、駐車中は換気としての機能が低いものがあるので注意したい。

次ページは : 真夏日にクルマを日向に駐車しておくと車内の温度はどうなる?