隠れた人気車「タンク」が廃止! トヨタは兄弟車のリストラをどこまで進めるのか?

隠れた人気車「タンク」が廃止! トヨタは兄弟車のリストラをどこまで進めるのか?

 人気の背の高いコンパクトカー、トヨタルーミー&タンク/ダイハツトール/スバルジャスティの4兄弟車。

 ダイハツが開発したトールをトヨタにOEM供給したのがルーミー&タンク。スバルにOEM供給されたのがジャスティだ。

 このうち、ルーミーとタンクは、取り扱う販売店が異なり、ルーミーはトヨタ店とカローラ店扱い、タンクはトヨペット店とネッツ店扱いとなっていた。

 しかし、東京地区では2019年4月から全車種全店扱いになり、2020年5月からは全国のトヨタで全店扱いになったことにより、タンクが2020年9月15日に廃止されることになった。

 そこでなぜタンクが廃止されることになったのか、詳細な内容を解説するとともに、全車種全店扱いに伴い、今後どの車種が廃止されるのか? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏がレポートする。


文/遠藤徹
写真/ベストカーweb編集部 トヨタ ダイハツ スバル

※2020年8月18日19:45修正…写真の説明でミスがありましたため修正いたしました。大変失礼致しました。

【画像ギャラリー】ルーミー/タンク/トール/ジャスティの違いを写真でチェック!


2020年9月15日、タンクを廃止しルーミーに1本化

左上トヨタルーミー、右上トヨタタンク、左下ダイハツトール、右下スバルジャスティの4兄弟
左上トヨタルーミー、右上トヨタタンク、左下ダイハツトール、右下スバルジャスティの4兄弟
2020年9月15日で廃止されるトヨタタンクの標準グレード(現行モデル)
2020年9月15日で廃止されるトヨタタンクの標準グレード(現行モデル)
こちらはトヨタタンクのカスタムグレード(現行モデル)
こちらはトヨタタンクのカスタムグレード(現行モデル)

 トヨタは2020年9月15日、ハイトワゴンのルーミー/タンクをマイナーチェンジするのを機に両モデルを統合し「ルーミー」に1本化する。

 ちなみに4兄弟のなかではトヨタルーミーが一番売れており、2020年1~7月の登録車の販売台数ランキングでは7位~9位で平均月販台数は6307台。トヨタタンクがルーミーに続き、12~19位で平均月販売台数は4580台。ダイハツトールは29位~40位、平均月販台数は1624台、スバルジャスティはすべて50位圏外で平均月販台数は207台となっている。

4兄弟のうち、2番目に多いタンクを廃止し、ルーミーに統合するのはもったいない気がするのだが……
4兄弟のうち、2番目に多いタンクを廃止し、ルーミーに統合するのはもったいない気がするのだが……

 タンクという名称は廃止になるが、これまでタンクの上級&スポーティバージョンである、カスタムグレードのフロントグリルデザインをマイナーチェンジするルーミーのカスタムに移植し、残す形を採用する。

 標準仕様は従来のルーミーを継続させる。装備面では駐車ブレーキを従来の足踏み式から、シフトレバー内に移し、電子制御パーキングブレーキを標準装備する。

 2020年9月15日の発表、発売であるが、扱うトヨタの販売店ではマイナーチェンジ後のルーミーの先行予約をすでに受け付けている。

 タンクの在庫はほとんどなく、カタログもない店舗が多い。価格は10万円程度の値上げになっている。

トヨタルーミーの標準グレード(現行モデル)
トヨタルーミーの標準グレード(現行モデル)
トヨタルーミーのカスタムグレード(現行モデル)
トヨタルーミーのカスタムグレード(現行モデル)

次ページは : トヨタが行う車種整理で兄弟車がどんどんなくなっていく

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ