トヨタS-FR開発中止!?!? 新たなスポーツモデル開発計画をキャッチ!!


 各メーカーから東京モーターショーの出展車概要発表が相次いでいます。今回も次世代を予感させる華やかなコンセプトカーが数多く登場しますが、しかし、どのクルマもそのまま市販車として登場することはほぼありません。

 技術やデザイン、あるいは文字どおり「コンセプト」が引き継がれることは数あれど、中には最初から打ち上げ花火のように「ショーモデルのみ」で市販開発につながらない計画だったり、あるいはプロジェクトそのものが開発過程で途絶することもまた、よくある話です。

 そんななか、前回(2015年)の東京モーターショーで中心的な話題車となったトヨタS-FRに関して、新たな情報が入ってきました。

 本企画担当、当時のプレスブリーフィングに立ち会い、トミカが発売した同車のミニカー(コンセプトカーとしては異例)も購入したのですが……。

文:ベストカー編集部
ベストカー2017年10月26日号


■「立ち消え」から「復活」、そして再び……

 前回、2015年の東京モーターショーで初公開されたトヨタのコンパクトFRスポーツ、S-FR。期待は大きく、本誌ベストカーでも頻繁にその後の開発状況を報告してきた。

前回(2015年)の東京モーターショー、トヨタブースのサプライズカーとして登場したS-FR。コンパクトサイズのFR車として話題を呼んだ

 途中、「開発中止」の情報が入ってくることが何度かあり、誌面でもその旨をお伝えしてきたが、いつもその後で「やはり再開したらしい」という報告が入り、ひと安心。そんなことを繰り返してきた。

 本誌はS-FRの情報を常に追ってきたということだが、ついにその時がきてしまったというべきだろうか。2017年7月に、トヨタ社内で正式に開発中止が決まったという。

 もともとS-FRはトヨタの加藤光久副社長が開発を主導してきたクルマで、「できるだけ安く、現代版のヨタハチを世に送り出そう」と計画したものだった。

 しかし、加藤副社長は6月に退任(相談役に就任)。その人事を境に、S-FRは一気に開発中止に舵が切られたのだという。

 ここからは本誌の推測だが、おもにコストの問題で、何度も開発が中止になりそうになっていたのを押さえてきたのが加藤元副社長だったのかもしれない。

 しかし、その後ろ盾がなくなったことで、S-FRは結局幻に終わったということなのだろうか……。

■かたちを変えても志は受け継がれる

 S-FRが需要の間口が狭いクルマだったことは確かだ。低価格のコンパクトFRスポーツはクルマ好きにとって最高だが、実質2シーターの小型クーペではやはり台数を稼げない。残念だが、現実的な判断をすれば、やはり無理があったかもしれない。

 しかし、トヨタとしては「若年層にアピールできるスポーツモデル」というコンセプト自体を諦めたわけではない。

 そこでS-FRの代わりに出てきたのがコンパクトサイズの1.6Lターボ4WDスポーツ。その開発がS-FRと入れ替わるようにスタートしたという。

「小型FR車」の新規開発プロジェクトは凍結されたが、代わりにスタートしたのはヴィッツサイズの4WDターボ車界初

 驚くべきは、この1.6Lエンジンが3気筒ということ。ダウンサイズが進む近年、欧州で3気筒エンジンはめずらしくないが、それでも1.0~1.5Lまでが主流で、1.6L以上は4気筒にするのが普通。

 トヨタはこの新開発エンジンで、その常識を打ち破ろうとしている。

 このクルマの開発を主導するのはGAZOO Racingカンパニー、GR開発統括部。ミスター86で有名な多田哲哉氏が率いる組織で、その部下にあたる森和生氏が開発責任者になるといわれている。森氏ももちろんS-FRの開発に携わっていた人物。

 リベンジ、というわけでもないだろうが、パッケージは変わっても「若者にアピールするスポーツモデルを作る」という目標は変わらない。

 では、この3気筒1.6L直噴ターボ、4WDというユニットはどのクルマに積まれ、いつ頃登場するのか? ずばり、次期ヴィッツに搭載され、2020年の市販化を目指している。

 次期ヴィッツは世界共通の車名「ヤリス」に変わることが決まっていて、ヤリス4WDターボとして登場。もちろん、そのクルマがWRCマシンのベースモデルとなる。

次ページは : ■ターゲットはBMW、WRCからの技術フィードバックも