ホンダ新型タイプR、450万円の価値 最新のタイプRは最強のタイプRなのか!?


 新型タイプRはタイプRに期待するスポーツカーファンを満足させられるのだろうか? 

 そして、ニュルにおける旧型のタイムを大きく上回る7分43秒80を可能にしたテクノロジーは何なのか?

 レーシングドライバーであり自動車ジャーナリストでもある松田秀士氏に、ホンダの鷹栖テストコースでキッチリしっかりテストドライブしてもらいました。新型シビックタイプRは450万360円(税別)。その価値、ありやなしや?

文:松田秀士 写真:小宮岩男
ベストカー2017年10月26日号「進化か“らしさ”か スポーツカー大集合」


■シャシーをロー&ワイド化した新型「R」

 新型シビックタイプRのベースとなるシビック5ドアは、すでに昨年北米で販売されている。

 今回、セダン・ハッチバック・タイプRをひとつのチームで初めて同時開発、プラットフォームも一新している。

 これまではスタンダード車ができ上がってから、いわゆるチューニング手法で仕上げてきたわけだが、開発時からタイプRのためのテクノロジーが盛り込めたというわけ。

新型タイプRはフロントにブレンボ製ブレーキを採用、トレッドが大きくなったおかげでストッピングパワーも強烈になった  

 走りに関係する部分の変更点を挙げよう。

 旧型に対して、フロントトレッドがマイナス5mm、リアトレッドが+65mm、ホイールベースが+100mm(2700mm)。

 そして車高がマイナス25mmと、ロー&ワイドなシャシーとなった。リアトレッドのワイド化は、サスペンション形式がトーションビーム式からマルチリンク式に改められたためで、前後共にアームやナックル類がアルミ材化されている。

 エクステリアはエアロダイナミクスをかなりのレベルで突き詰めた、というだけあって、スーパーGTマシンのように彫りの深い凹凸がボディのあちこちに見られる。フェンダーアウトレット構造は踏襲されているが、今回ボンネット上に冷却用のダクトが開けられている。

■最高出力はわずか10psアップ

 このことから4気筒の2L VTECターボエンジンにそうとう鞭を入れたのだろう、と想像したのだが、蓋を開けてみるとパワーアップは先代と比べてわずかに10ps。

 最大トルクに至っては、旧型と同じ400Nm(40.8kgm)/2500~4500rpmと変わらない。改善点は、燃焼改良と排気流量を10%アップさせて、中高速域のブーストアップを狙っている。

 トランスミッションは6速MTと変わらないが、ファイナルギアをローレシオ化し、軽量シングルマスフライホイールによる高レスポンス化と、ダウンシフト時などに自動的に回転合わせをするレブマッチシステムが導入されている。

次ページは : ■パワフルさと扱いやすさと

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ