メルセデス・ベンツEクラスは見所満載! 王道ドライバーズカーが進化刷新された!!


 ビックマイナーチェンジにより大幅アップデートを受けたメルセデス・ベンツの中核モデル「Eクラス」のセダン/ステーションワゴンが日本上陸。

 フェイスリフトだけに留まらず、新たな先進機能の搭載やモデルラインアップの拡充などが行われ、その魅力に磨きが掛けられている。

 理想的なドライバーズカーとして根強いファンを持つEクラスの新型の見所を抜粋してお伝えしよう。

文:大音 安弘、写真:メルセデス・ベンツ日本

【画像ギャラリー】ビッグマイナーで見た目も中身も磨き上げたEクラス


フェイスリフトだけじゃない新型の進化

 メルセデス・ベンツ日本は、2020年9月10日、メルセデス・ベンツのミッドサイズモデル「Eクラス」に大幅改良を実施し、同日より予約注文を開始することを発表した。

 ビッグマイナーチェンジモデルが発表されたのは、「セダン」と「ステーションワゴン」、その派生モデルであるクロスオーバーワゴン「オールテレイン」の3タイプ。他ボディも近日に日本上陸の予定だ。

 新価格は、セダンが769万~1867万円。ステーションワゴンが810万~1912万円。オールテレインが938万円となる。

 今回、フェイスリフトで、ヘッドライトやフロントグリルのデザインを変更しているが、メルセデスの中核モデルでもあるEクラスだけに、機能を追加したMBUXや操作系も進化させた新世代のステアリングホイールなどの新機能も追加。さらにプラグインハイブリッドの種類も拡大するなど、話題満載だ。

フェイスリフトで、よりドライバーズカーのイメージを強めた新型Eクラス。

スポーティさを強調した新デザイン

 エクステリアの進化は、フロントマスクが中心だ。ヘッドライトが新デザインとなり、デイライトの配置も変化。同時にフロントグリルも、末広がりの台形形状へと変化している。

 この進化は、新世代デザインのスポーティさを取り入れたもの。日本では、「スポーツ」グレードを中心に展開されることもあり、よりアグレッシブなイメージが強調される。

 スポーツメルセデスの象徴であるメルセデスAMGモデルも、パナメリカーナグリルデザインを受け継ぎながら、新マスクへと進化している。

 もちろん、往年のメルセデスファンに人気の高い、ボンネットマスコットとオーソドックスなグリルを組み合わせたシックなフロントマスクの「エクスクルーシブ」をセダンの上級グレードのひとつとして導入。

 またセダンに限っては、リヤテールランプも新デザインへと変更し、印象を変えている。

Eセダンでは、リヤテールランプデザインも一新。ワイド感を強調する

次ページは : 新機能満載のインテリア

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ