VW、ベンツ新車が2020~22年に続々上陸!! 有力新型輸入車全情報


 2020年後半から2022年にかけて日本に導入予定の輸入車にはどんなモデルがあるのだろうか?

 大物としては2020年末に8代目となる新型ゴルフ、2021年中に3車種が再上陸するオペル、2020年9月2日に発表されたばかりの新型ベンツSクラスが早ければ2021年初夏にデビューする予定。

 さらにBMWのEVブランド、iブランドからiX3やi4、ジープブランドからはグラデュエーターなど、注目モデルが盛り沢山だ。

 さっそく、日本に導入予定の注目の輸入車をチェックしていこう。


文/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部
写真/ベストカーweb
初出/ベストカー2020年9月10日号

【画像ギャラリー】他を寄せ付けない驚愕の進化!!! 新型Sクラス ゴルフ フィアット500を写真でチェック!


8代目VWゴルフ:予想導入時期/2020年12月

8代目となる新型ゴルフ。フロントマスクのデザインが大幅に変わった

 2019年10月に発表されたVWゴルフ8。2019年12月からドイツでの発売を皮切りにそのほかの欧州市場では2020年1~3月に発売。日本市場には2020年末の導入を予定している。

 ボディサイズは全長4284×全幅1789×全高1456mmと、現行ゴルフと比べて全長が30mm長く、全幅は10mm狭い。これをほとんど変わらないと取るか、大きな変化と取るかは人にもよるだろうがほぼキープコンセプトといっていいだろう。

 パワートレーンでは欧州で今主流となりつつある48Vマイルドハイブリッド(eTSI)を、1Lおよび1.5Lガソリンターボに採用しているのがポイント。

 スターターモーター兼用の48Vモーターは発進時のアシストのほか、減速時の回生もする。また、1.4Lガソリンエンジンを組み合わせたプラグインハイブリッドモデルの設定もある。また新開発の2Lディーゼルターボも特徴的。

 排ガス浄化システムSCRの進化版となる「ツインドージング」はSCR触媒コンバーターをふたつ装備。2つめの触媒コンバーターはエンジンから遠くなるため排気温度が低くなり、より効果的に排ガス処理ができ、ユーロ6dをクリアするクリーンな排ガスになるとのことだ。

 インテリアは最新の時流にのっとりアナログメーターを廃したディスプレイタイプ。

 10.25インチのディスプレイに速度計やタコメーターなどがグラフィカルに表示される。インパネ中央には8.25インチのディスプレイが装着され、カーナビなどの表示をする。

新型メルセデスベンツSクラス:予想導入時期/2021年初夏

威厳と風格を備えている新型Sクラス
最新のメルセデス流デザインの手法にのっとったシンプルなデザイン。サイドのキャラクターラインはフロントフェンダーからリアフェンダーにかけて1本入っているが面はすっきりとしている

 2020年9月2日にワールドプレミアとなったメルセデスベンツW223型新型Sクラスは、ラグジュアリーサルーンの新たな基準となりそうだ。

 モデルチェンジごとに革新的なデザインが与えられてきたエクステリアは、W223型では短いフロントオーバーハング、長いホイールベース、バランスのとれたリアオーバーハングが採用され、先代モデルのイメージから一新。

 ヘッドライトは小型の異型タイプとなり、他のモデルとは一線を画すデザイン。

 ボディ側面のキャラクターラインは、新型では大幅に削減された。彫刻的なボディの表面は、特別な光の効果を発揮するようにデザインされており、メルセデスベンツの最新デザイン哲学、センシュアルピュリティ(官能的純粋)を表現したものだという。

 ボディサイズは、ショートホイールベースモデルで全長5179×全幅1954×全高1503mmと先代モデルより全長が54mm長くなり、全幅が55mmワイド、全高が10mm高くなっている。

 ロングホイールベースモデルは全長5289×全幅1954×全高1503mmと、先代モデルに比べ全長が34mm、全幅が55mm、全高が12mm高くなった。

 ホイールベースはショートホイールベースで3106mm(先代モデル比+71mm)、ロングホイールベースで3216mm(先代モデル比+51mm)。

 エンジンのラインナップは3L、直6ガソリンターボと3L、直6ディーゼルターボの2種類で、出力の違いにより、前者には「S450」「S500」、後者には「S350d」「S400d」とそれぞれ2種類の仕様を用意。

 トランスミッションはいずれも9速ATを組み合わせている。駆動方式は4WDが基本でS350dにはFRも用意される。

48Vのマイルドハイブリッドモデル

 さらに48Vのマイルドハイブリッド機構を備えたV8モデルの設定も予定。2021年には、およそ100kmのEV走行を可能にするプラグインハイブリッドモデルも追加するとしている。

 路面状況などに応じて1000分の1秒単位でサスペンションの特性を変化させるEアクティブボディコントロールには、側突される危険を検知すると瞬時に8cm車高を上げて衝突安全性を高める機能を設定。

 最大切れ角10°の後輪操舵機能も用意しており、同システムを搭載すると、旋回円の直径が最大で2m近く縮小することができるという。

センターコンソールの中央にはタブレットを思わせる縦型のディスプレイを設置

 新型Sクラスのインテリアは、優雅さ、高品質、軽さを追求し、ラウンジのような心地よい雰囲気を作り出すモダンなデザインとしている。

 人間工学に基づいたディスプレイ配置を備えたダッシュボードを採用し、ダッシュボードの両側には2つの垂直ベント(吹き出し口)を採用。スイッチ類を極力少なくし、すっきりとさせているのもポイント。

 またアルミやオープンポアウッドベニアなどの素材を使用し、高級ヨットのデザイン要素をとり入れている。

 特徴的なのはセンターコンソール中央に配置されている縦型の大型ディスプレイ。

 フローティング状態でダッシュボードに支えられ、2D表示と3D表示が切り替えられる。前席向けと後席向けに最大5つのディスプレイが装着できるという。

 次世代のインフォテインメントシステム「MBUX」も搭載したほか、運転支援システムなど50種類の電子コンポーネントは、ユーザーの同意の下で無線ネットワークによるアップデートによって更新可能とした。

 「Hi! MERCEDES」と声をかけると起動するMBUXは第2世代となった。音声アシスタントやインフォテインメントシステムが後部座席でも利用可能。

 また、前席のインフォテインメントシステムの画面と後部座席のディスプレイが連携しており、ドライバーが運転席でスワイプ操作して後部座席向けのディスプレイにアプリや表示を移動させることもできるようになった。

タブレットも用意され、まさに至れり尽くせりといったSクラスのリアシート

 ショーファードリブンカーとしての役割も担っているSクラスならではの進化として、最大5つの仕様から選択できるリアシートが挙げられる。

 新開発のシートは流れるような立体的なデザインで、ヘッドレストも新設計。

 運転席のリクライニングの調整範囲と角度は、大幅に改善され、後席を独立2座とした場合、後席の間には大型のウッドトリムが装着される。

 後席はリクライニングシート機能、折りたたみ式センターアームレスト、ビジネスセンターコンソールなど、最大5つの仕様から選択できるという。

 またメルセデスベンツとして初めて59km/h以下の速度域で、レベル3に相当する自律運転を実現していることも特徴。

 これはドライブパイロットと呼ばれるシステムで、複数のセンサーと同時に、レーザー光によるライダー(LIDAR)を採用する。こちらは少し遅れて、2021年後半からの発売予定(欧州)となっている。

 ドイツ本国での受注開始は2020年9月から、同年12月からの発売となる。気になる日本導入時期は、早ければ2021年初夏と予想する。

次ページは : VW ID.3:予想導入時期/2022年春

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ