メルセデス・ベンツGクラスをオーダーメイド!!「G manufaktur プログラム」の魅力

 クロカン界の王者「メルセデス・ベンツGクラス」に、インテリアを中心としたカスタムオーダープラン「manufakturプログラム」が登場。

 シートのカラーリングや仕上げなどを中心に、自分だけのGクラスに仕上げられる贅沢な仕組みだ。

 対象となるグレード、用意されるオプション、そして価格などの基本的な情報をまとめてお届けしよう。

文:大音 安弘、写真:メルセデス・ベンツ日本

【画像ギャラリー】自分だけのGクラス「G manufaktur プログラム」のポイント


「manufakturプログラム」を導入

 メルセデス・ベンツ日本は、2020年8月6日、メルセデス・ベンツSUVのアイコンでもある「Gクラス」に、完全受注生産オプション「manufaktur(マヌファクトゥーア)プログラム」の導入を発表し、同日より予約注文の受付を開始した。

 ”manufaktur”とは、ドイツ語で「製造・制作」を意味するもの。つまり顧客のオーダーに応じた仕様に仕上げるオプションプログラムなのだ。

 すでにボディカラーでは、カタログカラーよりも多くのボディカラーから選択が可能な「degigno(デジーノ)」オプションが用意されているが、「manufakturプログラム」は、シートを中心にインテリアのパターン化された仕様の中から変更できるオプションとなっている。

 対象グレードは、「メルセデス・ベンツ G 550」と「メルセデスAMG G 63」の2モデルだ。

新たな内装のオーダーシステムは、G 550 と G63が対象となる

毎日眺めるインテリアだからこその拘り

 今回導入された新オプションプログラムには、「manufakturプログラム」と「manufakturプログラム・プラス」の2種類がある。

「manufakturプログラム」は、G 550に適用されるもので、ナッパレザーシートが装備され、その仕様を全18種類から選択できるもの。

 具体的なシートの仕様は、6種類のカラーステッチから選択できるブラックシート、6色のモノトーンカラーが選択できるカラーシート、6種類の色の組み合わせから選択できる2トーン仕様のシートのいずれかひとつを選ぶ。

 さらに無償オプションとして、シートベルトカラーをレッドまたはベージュに変更することも可能だ。

 このほかの装備として、前席の機能に、アクティブマルトコントロールシートバック、シートベンチレーター、シートヒーター・プラス、電動ランバーサポート、ドライビングダイナミックシート、リラクゼーション機能が加わるほか、レザーDINAMICAルーフライナーとレーザーダッシュボードも加えられる。

 価格は、57万2000円となるが、内外装のAMGデザインパーツのパッケージ「AMGライン」との同時装着が求められる。こちらが97万1000円となるので、実質的には、154万3000円の費用が追加となる。

G550の「manufakturプログラム」のインテリア。モノトーンのサドルブラウンカラーを選択したもの

 もういっぽうの「manufakturプログラム・プラス」は、メルセデスAMG G63に適応されるもの。

 シートデザインなどが異なる「G manufaktur エクスクルーシブナッパレザーシート」を採用し、シートの仕上げをG 550に採用された18パターンに加え、アーチデザインを取り入れた2トーンシートの5パターンを追加した全23仕様からの選択が可能となる。

 追加装備として、前席には、アクティブマルチコントロールシートバック、シートベンチレーター、シートヒーター・プラス、電動ランバーサポート、ドライビングダイナミックシート、リラクゼーション機能を追加。

 このほか、フロントセンターコンソールとドアセンターパネル、グローブボックスなどにナッパレザーを使用したフルレザー仕上げとなるのも特徴。

 もちろん、シートベルトカラーは、レッドとベージュの変更が無償オプションとして用意される。 

 G 550のようにセットオプションは不要だが、仕様が異なるため、単体でも価格は110万円と高価だ。

G 63の「manufakturプログラム・プラス」のインテリア。G 550とシートデザインも異なるほか、写真のようなアーチデザインのツートーンシートカラーが選択できる

プログラム適用車の専用オプションも

 拘りのオプションプログラムだけに、これらを選択した場合のみに適用される専用オプションも用意される。

 両方のプラグラム共通のオプションアイテムが、ボディ同色スペアタイヤリング。これは、バックドアに装着されるスペアタイヤカバー全体がボディ同色となるものだ。

 さらに「manufakturプログラム」と「manufakturプログラム・プラス」それぞれに内容が異なる「manufakturプログラム インテリアプラスパッケージ」を設定。

 それぞれの追加装備を紹介すると、G550の「manufakturプログラム」では、6パターンのコンビカラーのステアリングとナッパレザールーフハンドルを装備。

 G 63の「manufakturプログラム・プラス」では、ダッシュボード下部やセンターコンソール、グローブボックスの色をシートカラーに合わせた6色がコーディネート。もちろん、ナッパレザールーフハンドルも加えられる。

 またG 63の「manufakturプログラム・プラス」のみのオプションとして、チタングレーペイント、またはマットブラックペイントの21インチAMG5ツインスポークアルミホイールへの有償変更が可能となる。

manufakturプログラム適用車のみが、選択できるフルカラードのスペアタイヤカバー。こちらも有償オプションだ

費用だけではなく時間も追加……

 本体価格が、1685万円のG550と2194万円のG 63だけに、プラグラム選択の追加費用だけで、新車の軽自動車や小型車が購入できる額となってしまう。

 ただ購入者に求められるのは、出費だけではない。オーダー後に生産が開始されるため、日本への納車は、少なくとも半年以上先になることだ。

 ただ費用と待ち時間が許容できれば、ボディカラーとの組み合わせを含めて、より自分好みのGクラスを手に入れることが叶う。これはGクラスファンにとって、まさに夢のようなプログラムといえるだろう。

 現在、このカスタマイズプログラムによって誕生した特別仕様車「manufaktur Edition」が、G 350dとG 63に設定されている。仕様の好みがハマれば、メルセデスがコーディネートしたカスタム仕様を選ぶのもありだ。

メルセデス・ベンツ自身によるフルコーディネートの特別仕様車「manufaktur Edition」も設定されている。

【画像ギャラリー】自分だけのGクラス「G manufaktur プログラム」のポイント

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ