ついに現行型MIRAIが生産終了! 次期型はクラウンベースで12月発売濃厚!!


 トヨタはこのほど現行FCV(燃料電池車)「MIRAI」の生産中止すると同時に次期型を今年末に発売することを明らかにした。

 次期型のコンセプトモデルは2019年東京モーターショーの付随イベント「FUTURE EXPO」で公開。以来、現行モデルの販売は月販20台前後に落ち込み、生産終了は秒読みに入っていた。

 そして、このほど遠藤徹氏の取材により、10月下旬に価格を決め先行予約を開始、12月上旬に発表、発売する見通しであることがわかった。以下、詳細をお伝えしたい。

文:遠藤徹、写真:トヨタ、奥隅圭之

【画像ギャラリー】12月発売濃厚の新MIRAI コンセプトをみる


新型MIRAIはクラウンベースで大幅な質感アップ

現行型MIRAIの生産終了を知らせるトヨタ公式HP(スクリーンショット)

 2代目になる次期型MIRAIは、6年ぶりのフルモデルチェンジでありデザイン、メカニズム、安全対策とも大幅な変更となり格段に進化させ、あらゆる面で様変わりとなる。

 初代は比較的おとなしめの4ドアセダンシェルであるが、2代目はひと回りサイズアップしたスレンダーなシルエットで仕立てている。

 フロントマスクは台形大型グリルを引き継ぐが両サイドの逆台形インテークを廃止し、スッキリした顔立ちとなる。LEDヘッドランプは水平的な横長から最近のトヨタ車に通じるつり目感覚のグラスケースが採用される。

 タイヤサイズは現行モデルの17インチから、スポーツカー並みの19インチにサイズアップする。

新型MIRAIコンセプト。6年ぶりのフルモデルチェンジで初代よりも、ひと回りサイズアップしたスレンダーなシルエットで仕立てている

 ボディサイズは全長4975×全幅1885×全高1470mmで現行型の4890×1815×1535mmに比べて、それぞれプラス85mm、プラス70mm、マイナス65mmでワイド&ローのボディシェルを採用する。

 ホイールベースは2920mm、トレッドは前1610mm、同後1618mmであり、現行モデルに比べるとそれぞれプラス220×75×73mmで、いずれも大幅なサイズアップとなり走行安定性の向上を目指したレイアウトに仕立てていることが伺える。2700mmは現行プリウス同サイズであり、2920mmはクラウンとイコールである。

クラウンやレクサスLSが採用しているGA-Lプラットフォームが、新型MIRAIに使われるだろう

 次期型MIRAIは、従来のFFからFRに変更、1ランク上級シフトを目指したつくりになっていて、つまりクラウンやレクサスLSと採用しているGA-Lプラットフォームといえる。乗車定員も4人から5人に増やしている。

航続距離もWLTCモードで850kmにまで拡大

新型MIRAIはクラウンベースでボディサイズは全長4975×全幅1885×全高1470mmに拡大。航続距離も大幅に拡大

 FFからFR駆動、プリウスからクラウンベースのプラットフォームに上級シフトさせることで、メカニズム面での優位性も採用が可能になっている。

 パッケージングを構築するうえで難しい存在だった水素タンクは、ひとつをリアシートに残し、もうひとつをセンタートンネル沿いに設置している。 

 キャビン内のコックピットは従来モデルを一部踏襲し、左右のシート間に幅広い大型コンソールボックス、スマホ用に便利な置くだけ充電、カップホルダー、収納ボックスなどをレイアウトしている。

幅広い大型コンソールボックス、スマホ用に便利な置くだけ充電、カップホルダーなどもあり、使い勝手の良いインテリアになっている

 中央部分には従来の8インチから新型ハリアーと同じ12.3インチのオーディオディスプレイの大型画面に切り替える。

 FCスタックは40%拡大し、航続距離はWLTCモードベースで従来の650kmから850kmに大幅延長している。

 安全対策は、トヨタセーフティセンスをクラウン並みに進化させて標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせによって、検知機能を夜間の自転車まで可能な精度まで高めて、より安全性を向上させる。

次ページは : グレードは4タイプに拡大! 10月下旬にも価格決定