盤石の王者がさらなる新車攻勢 続々投入トヨタの新型車全情報

 圧倒的な車種・ラインナップを誇るトヨタ。既存モデルのモデルチェンジに加え、トヨタブランドでは「GR」シリーズの追加シリーズのラインナップ増強など、さらに新車投入の勢いは加速する。

 特に今年後半から来年にかけては、フルモデルチェンジ・新型EVも多く控えている。ここではいま把握しているすべてのトヨタ情報を大放出する!!!

【画像ギャラリー】MIRAI、アクア、ランクル…!!! 登場待ち遠しいトヨタの新型ラインナップをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文・予想CG:ベストカー編集部/写真:TOYOTA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■NEW MIRAI(2020年12月登場予定)

●後輪駆動の高級サルーン新型は12月に登場!

昨年の東京モータショーで公開されたスタイルはほぼそのまま。12月にも新型MIRAIはデビュー

 当初の計画では東京オリンピックに合わせて今年7月にデビュー、大会役員車などに使用することを念頭に置いていた後輪駆動になる新型MIRAI。当然開発は完了しており、あとはデビューのタイミングを待つばかり。

 オリンピックが延期されたとはいえ、デビューもそれに合わせることはなく、今年12月に登場することになりそう。この間に、先進安全装備や自動運転に向けた技術のバージョンアップを図る。

■超小型EV(2020年12月登場予定)

●時代の声にこたえる小型EV

超小型EV

 高齢化社会、そして地方における交通インフラ問題への対応として、トヨタが進めるのが超小型車規格に対応した2人乗りEVだ。

 全長2490mm、全幅1290mmで最小回転半径は3.9m。1充電当たり100km走行可能というから、エリアを限定したコミューターとして高い機動力を発揮する。主にリース販売となる計画だ。

■NEWアクア(2021年3月登場予定)

●使い勝手を重視するコンパクトハイブリッド

NEWアクア(画像はベストカー予想CG)

 現行型アクアの登場は2011年なので、すでに9年が経過。来年3月にも2代目へと進化する。

 プラットフォームやパワートレーンは基本的にヤリスをベースとしながら、現行型同様ハイブリッド専用車となる。

 スポーティさを強調し、後席や荷室をやや犠牲にしたヤリスに対し、新型アクアは後席スペースや荷室の広さなどを確保して、使い勝手のよさをアピールすることでヤリスとの差別化を明確にする。内外装のデザインもヤリスほどのアクの強さは感じさせないものとなる。

ややアクの強いデザインのヤリスに対し、新型アクアはソフトな印象となる

■プリウスGR(2021年4月登場予定)

●GRチューンの味をプリウスでも実感

プリウスGR(画像はベストカー予想CG)

 プリウスPHVにはGRスポーツが設定されているが本家プリウスにはない。2018年末に実施されたプリウスのマイチェン時期と重なったため遅れていたというのがその理由。

 当初の計画では、このフェイスリフトの1年後にGRスポーツの追加とされていたのだが、予定が遅れている。

 これはプリウスの販売が計画より鈍く、GRスポーツの投入タイミングを再検討しているためだといい、開発自体はほぼ完了しており、いつでも出せる状態だという。デビューは来年4月頃と思われる。

当初の計画では昨年末にも登場していたプリウスGRスポーツ。いよいよ来年4月デビュー

■NEWノア&ノアカスタム(2021年7月登場予定)

●TNGAプラットフォームで走りもユーティリティもアップ!

NEWノア&ノアカスタム。販売店の統合により姉妹車ヴォクシーは廃止され、そのポジションを担うのがノアカスタム。新型ノアはTNGAプラットフォームで走りもいい!(画像はベストカー予想CG)

 次期型ノアは販売店統合によって姉妹車のヴォクシーを廃止する。しかし新たに「ノアカスタム」を設定し、アグレッシブなフロントマスクでこれまでのヴォクシーユーザーに存在感をアピールする。

 新世代のTNGAプラットフォームで実現した。低床低重心プラットフォームにより、全高を抑えながらも室内空間をこれまで以上に広くする。パワーユニットは2LハイブリッドとダイレクトシフトCVTを組み合わせた2L NA。

■カローラスポーツ&ツーリングGRMN(2021年9月登場予定)

●1.6Lターボ4WDはGRMNで完全武装!

カローラスポーツGRMN(画像はベストカー予想CG)

 カローラスポーツ&カローラツーリングにGRが開発した直列3気筒1.6Lターボエンジンを搭載したモデルが登場する。これまでお伝えしてきた「GTI」とか「GT-FOUR」といったネーミングではなく、ズバリ「GRMN」として、車両パッケージング全体をGR開発チームがトータルコーディネートする。

 エンジン、4WDシステムはGRヤリスと基本は共通。272ps/37.7kgmを発揮するハイチューンエンジンだけに冷却性能などがシビアで、車種ごとに熱対策を含めた「作り込み」に時間を要する。現在、やっとGRヤリスのローンチにこぎつけた段階で、次なるモデルの開発にはある程度の時間が必要。早くても1年後となるのは止むを得まい。

カローラツーリングGRMN。GRヤリスに搭載される直3、1.6Lターボは272ps/37.7kgmを発揮する(画像はベストカー予想CG)

■C-HR GRMN(2021年10月登場予定)

●C-HRをGRが本格的にチューン

C-HR GRMN(画像はベストカー予想CG)

 すでにC-HRにはGRスポーツが設定されているが、トヨタはさらにパワートレーンにも手を入れたGRMNモデルの開発を進めている。

 パワートレーンはGRヤリスの直3、1.6Lターボで4WDシステムも移植される。

 C-HRはSUVだがデビュー前にニュル24時間を走らせるなどモータースポーツに縁が深く、GRMNは耐久ST2クラスを意識したものになるというから楽しみだ。

■RAV4 GRスポーツ(2021年12月登場予定)

●RAV4の走りをさらに磨く!

RAV4 GRスポーツ(画像はベストカー予想CG)

「GRスポーツ」は、GR開発チームが手掛けるスポーツモデルで、エンジンなどのパワートレーンまで手を入れる

「GRMN」に対し、ボディやシャシーの強化、チューニングにより、高い操安性能を発揮するモデル。RAV4にもこのGRスポーツが加わる。ベースの操安性には定評があり、より高いハンドリングが味わえる。

■NEWランドクルーザー(2021年登場予定)

●さらにヘビーデューティに! さらにラグジュアリーに!

NEWランドクルーザー(画像はベストカー予想CG)

 世界でも高い評価のランドクルーザーは来年にもモデルチェンジの予定。

 新型も引き続き強固なラダーフレームを採用し、トラクション制御システムも進化を遂げ、ヘビーデューティー性能はますます磨きがかかる。

 その一方で、レンジローバーなどと同じように、高級車としてのニーズも高く、武骨ながらもスタイリッシュさを感じさせるエクステリアと高級サルーンに負けないインテリアの質感を新型では採用。

 エンジンはV6、3.5Lターボハイブリッドだ。

■NEWエスティマ(2022年1月登場予定)

●低床フラットフロアのFCミニバン

NEWエスティマ(画像はベストカー予想CG)

 エスティマに関しては次期型開発継続説が出たり、一方で開発凍結説が伝えられるなど情報が錯綜している。しかし、スクープ班が得ている最新の情報では、次期型エスティマは「ある」。

 名称は変更されるかもしれないが、FC専用車として、新型MIRAIの後輪駆動とは別に前輪駆動のスペース系ミニバンとして登場する。

■NEW アルファード(2022年4月登場予定)

●皇帝アルファードますます威風堂々

エンジンは2.5Lハイブリッドを中心に、V6、3.5Lの置き換えに新開発2.4Lターボも搭載(画像はベストカー予想CG)

 モデルチェンジを機に統合されてアルファードのみとなる。これは販売店統合によるもので、ノア同様、ヴェルファイアユーザーに向けて「カスタム」モデルが設定される。

 基本的にはキープコンセプトながら、空気抵抗対策Aピラーが寝かされワンモーション的なフォルムとなる。

■GRスーパースポーツ(登場未定)

●超本格派のロードゴーイングレーシング!

モノコックやシャシーはWECマシン、TS050とほぼ同じだという超本格スポーツ(画像はベストカー予想CG)

 GRが手掛ける究極のスポーツモデルがこれ。GRブランドのお披露目とともに発表され、トヨタは市販化を明言、ル・マン24時間レースでの活躍を受け、開発も進んでいるという情報もある。

 ただ市況の影響もあり、市販時期は不明瞭。「2021年の東京オートサロンで市販モデル発表」という噂もあったが、現時点では難しそう。内容的にはこれまでお伝えしているように、ミドに搭載されるV6、2.4Lツインターボ+モーターで後輪を駆動。前輪は独立したモーターで駆動し、システム出力は1100psにもなる。価格は2億か?

 モノコックやシャシーはWECマシンと同等と言われる、まさにロードゴーイングレーサー。期待値も大きい。新情報が入り次第お知らせしていきたい!

【画像ギャラリー】MIRAI、アクア、ランクル…!!! 登場待ち遠しいトヨタの新型ラインナップをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ