令和のスタンダード 登場から2年で買い時到来 カローラスポーツは中古が狙い目

 1966年に誕生し世界150以上の国と地域で、販売累計台数4600万台(2018年3月末現在)を超える世界中のユーザーに愛され、ロングセラーカーとなったトヨタ カローラシリーズ。12代目となるトヨタ カローラシリーズの先陣を切って2018年6月に国内市場に導入されたのが、現行型の「カローラスポーツ」。

 5ドアハッチバック車、オーリスの後継車にあたり、”新世代のベーシック”カーと同時に新たなモビリティライフを提案する初代コネクティッドカーという側面も持っている。

 TNGAプラットフォームの採用や、進化した運転支援システム「トヨタセーフティセンス」によって、欧州CセグメントのベンチマークであるVW「ゴルフ」に肩を並べる実力と高い評価を受けた。ここでは販売開始から2年が経過したカローラスポーツの中古車事情はどうなっているのかをチェックする。

文/萩原文博
写真/編集部

【画像ギャラリー】2019年の一部改良でさらに魅力アップ! カローラスポーツを詳しくチェック!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ