レクサスLC&RC 非日常の極みを堪能できるスペシャルモデルが登場!!

 日本が誇るプレミアムブランドのレクサスは、カタログモデルのほかに、厳選素材、こだわりの装備を盛り込んだ特別仕様車、限定車を積極的に販売し、人気となっている。

 今回は2020年10月28日に発表された、スペシャルな2台、フラッグシップクーペのLCの限定車とスポーツクーペのRCに設定された特別仕様車について見ていく。

 カタログモデルでは味わえない、非日常の極みがそこにある!!

文/ベストカーWeb編集部、写真/LEXUS

【画像ギャラリー】ため息が出るほど美しい!! レクサスLC限定車&RC特別仕様車の詳細を見る


室屋義秀選手とコラボしたスペシャルなLC

フラッグシップクーペのLCは特別仕様車や限定車を多く出してきたが、飛行をオマージュしたAVIATIONを70台限定で販売

 室屋義秀選手は、『レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ』に2009年から参戦を開始し、2016年に千葉県大会で初優勝をマークし、その雄姿を生で見た人もいるだろう。

 2017年に8戦中4勝をマークして、アジア人初の年間総合優勝を果たした英雄だ。

 その室屋選手とコラボしたLCは、大空を舞う鳥や航空機に着想を得たということで、飛行を意味するAVIATION(アビエーション)と名付けられている。

飛行を意味するAVIATIONの名を冠していて、室屋選手とのコラボが実現。室屋選手の意見も取り入れられているのでシグネチャーモデル的

 室屋選手との技術交流によって生まれたウイングなどの専用装備も採用している。名前こそAVIATIONだが、室屋選手のシグネチャーモデルと言っていいだろう。

 今回の目玉であるスペシャルなウイングは、CFRP製で、LFA工房の職人によって1枚ずつ仕上げられている。美しいカーボンの折り目が自慢の一品だ。

 素材にこだわるレクサスだけあって、カタログモデルにはない装備、仕様を惜しげもなく採用し、スペシャルなモデルに仕上げている。

自らも開発に関与しているスペシャルなウイングを見つめる室屋選手。そのウイングはLFA工房で1枚ずつ製作されている

【特別装備一覧】
■特別仕様車専用内装色 AVIATION Black
■フロント245/40RF21+リア275/35RF21ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール(特別仕様車専用スプリット5本スポーク・ブラック塗装)
■特別仕様車専用スピンドルグリル(ブラック塗装)&フレーム(漆黒メッキ)
■三眼フルLEDヘッドランプ(特別仕様車専用ブラック塗装ガーニッシュ)/ヘッドランプクリーナー(特別仕様車専用ブラック塗装カバー)
■特別仕様車専用CFRPリアウイング(固定式)
■フルLEDリアコンビネーションランプ(特別仕様車専用漆黒メッキモール&ブラック塗装ガーニッシュ)
■CFRPルーフ
■ロッカーサイドグリル(特別仕様車専用ブラック塗装モール)
■特別仕様車専用スカッフプレート
■特別仕様車専用アルカンターラシフトノブ
■特別仕様車専用アルカンターラステアリング
■特別仕様車専用アルカンターラコンソールボックス
■特別仕様車専用アルカンターラドアトリム
■トルセンLSD
■オート電動格納式ドアミラー(特別仕様車専用ブラック塗装/広角・自動防眩・鏡面リバース連動ラストメモリー付チルトダウン・メモリー・ヒーター付)
■カラーヘッドアップディスプレイ
■アルカンターラルーフ/サンバイザー/ピラー・ルーフサイドガーニッシュ

特別仕様車専用となるスプリット5本スポークはブラック塗装されていて、LC 500AVIATIONの足元を引き締めている

 LC AVIATIONは70台の限定販売となり、販売開始は2021年1月6日から。価格はLC500 AVIATIONが1500万円、LC500h AVIATIONが1546万円となっている。

 上記特別装備を考えると、購入できる人にとっては魅力的なはずだ。なお成約者には、室屋選手との特別なイベントに招待されるという特典が与えられるという。

黒という色にこだわったスペシャルなRC

RC Emotional Ashは黒にこだわった特別仕様車で、ひと言で黒と言ってもいろいろな種類の黒が同居しているのが凄い

 ミドルクラスの2ドアクーペとしては、世界的に見ても出色の美しさと評価の高いレクサスRCに、Emotional Ash(エターナルアッシュ)という特別仕様車が設定された。

 レクサスはこれまでAsh(アッシュ)と名の付く特別仕様車や限定車を登場させているが、Ash材を使っていることに由来している。

 特別仕様車のEmotional Ashでは、スポーティさを強調するために、黒という色に並々ならぬこだわりを見せているのがポイントだ。

ステアリング上部にあしらわれているのが銀墨本杢。太陽光が当たると鮮やかな銀色に発色する。このこだわりによってシブさが増している

 外装では黒光輝塗装が施されたスピンドルグリル、漆黒メッキのフレーム、ブラックスパッタリング塗装のアルミホイール、ブラックメッキのマフラーカッターなどなど。いろいろなタイプの黒があしらわれている。

 またインテリアでは、ステアリング、インパネのオーナメントなどに銀墨本杢の採用することで、スペシャル感が満載となっている。銀墨本杢は通常時には黒だが、太陽光が当たると鮮やかな銀色が出現するという。

 レクサスは内装材、色などに並々ならぬこだわりを徹底し、これが結実してユーザーからも好評を得ているが、今回発売されるRC Emotional Ashの徹底ぶりはさすがだ。

 Emotional AshはRCの全モデルに設定され、RC350が747万7000円、RC300hが691万7000円、RC300が646万9000円となっている。

 LCに設定されたAVIATIONのように台数限定ではない。しかし受付期間なども公表されていないため、欲しいなら早めのアクションを起こしたいところだ。

RCはあの手この手でスポーティさをアピールしているが、特別仕様車のEmotional Ashはカタログモデルとの違いが明確でわかりやすい魅力がある

【画像ギャラリー】ため息が出るほど美しい!! レクサスLC限定車&RC特別仕様車の詳細を見る