新型シビック初公開でタイプR存続確定! 日本発売はあるか?


 基幹車種「シビック」の新型プロトタイプを、ホンダが初公開。注目のスポーツモデル「タイプR」のラインナップ継続も明言!

 北米ホンダは2020年11月17日、11世代目となる新型シビックのプロトタイプを初公開。今回は4ドアセダンモデルのみの先行公開となったが、リリースではスポーツグレードの「タイプR」もラインナップすることが記された。

 燃費規制の強化で、シビックタイプRは現行モデル限りでの販売終了も噂されていたが、新型の日本導入はあるのか? そしてタイプRの今後は? 自動車評論家の国沢光宏氏が最新の動向を解説する。

文/国沢光宏
写真/ホンダ、 American Honda Motor Co., Inc、奥隅圭之
予想CG/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】アメリカで先行発表された新型シビックプロトタイプと現行型シビックをみる


“早くも”新型シビックが米国で初公開

2020年11月17日に北米ホンダにて新型シビック プロトタイプ(2022年モデル)が発表された

 驚いたことに2022年モデルのシビックが、早くもロングタイムリード(先行発表)された。4ドアモデルだけながら、エクステリアをハッキリと公開! 

 日本的な感覚からすると、次期型シビックの発売は2021年の夏くらい。それまで現行モデルを売らないとならない。新しいシビックを見たら現行が売れなくなると思わないのだろうか?

 逆に考えたら、そんなことじゃ売れ行き落ちないほどシビック人気は根強いということなのだろう。実際、新型出ると強気になるため、価格(アメリカの場合、毎月のリース金額)も上がる。

 それなら定評あって完成度の高い現行モデルの最終をリーズナブルなリース金額で乗ろうという人も少なくないのだろう。日本と事情が違います。

新型シビックはタイプRのラインナップも明言

公開された新型シビックの4ドアセダン。ハッチバックも設定されることが明言されており、タイプRはそちらをベースとしたモデルとなるだろう

 今回の発表で最も「いいね!」したいのがタイプRもラインナップするということ。現行モデルの最終型タイプR、ホンダ広報によれば「瞬時に売り切れました」というほど人気あります。

 絶対的な台数こそ多くないものの、ホンダブランドのイメージアップ効果たるや絶大。私のようにウルサイ評論家ですらタイプRに乗ると破顔しちゃう。

 しかも各国&地域で厳しくなる燃費規制と騒音規制を考えれば、今後タイプRのような燃費悪くて賑やかなモデルは存続しにくい。現行タイプRで絶版になるというウワサすら根強かったほど。

 そんななか、早くもタイプRの存在をアピールしてきたのだから嬉しい。果たしてどんなタイプRになるのか? 少し考えてみた。

次ページは : 強まる規制で新型シビックタイプRの日本導入はあるのか?

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ