新型シビック初公開でタイプR存続確定! 日本発売はあるか?

 基幹車種「シビック」の新型プロトタイプを、ホンダが初公開。注目のスポーツモデル「タイプR」のラインナップ継続も明言!

 北米ホンダは2020年11月17日、11世代目となる新型シビックのプロトタイプを初公開。今回は4ドアセダンモデルのみの先行公開となったが、リリースではスポーツグレードの「タイプR」もラインナップすることが記された。

 燃費規制の強化で、シビックタイプRは現行モデル限りでの販売終了も噂されていたが、新型の日本導入はあるのか? そしてタイプRの今後は? 自動車評論家の国沢光宏氏が最新の動向を解説する。

文/国沢光宏
写真/ホンダ、 American Honda Motor Co., Inc、奥隅圭之
予想CG/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】アメリカで先行発表された新型シビックプロトタイプと現行型シビックをみる


“早くも”新型シビックが米国で初公開

2020年11月17日に北米ホンダにて新型シビック プロトタイプ(2022年モデル)が発表された

 驚いたことに2022年モデルのシビックが、早くもロングタイムリード(先行発表)された。4ドアモデルだけながら、エクステリアをハッキリと公開! 

 日本的な感覚からすると、次期型シビックの発売は2021年の夏くらい。それまで現行モデルを売らないとならない。新しいシビックを見たら現行が売れなくなると思わないのだろうか?

 逆に考えたら、そんなことじゃ売れ行き落ちないほどシビック人気は根強いということなのだろう。実際、新型出ると強気になるため、価格(アメリカの場合、毎月のリース金額)も上がる。

 それなら定評あって完成度の高い現行モデルの最終をリーズナブルなリース金額で乗ろうという人も少なくないのだろう。日本と事情が違います。

新型シビックはタイプRのラインナップも明言

公開された新型シビックの4ドアセダン。ハッチバックも設定されることが明言されており、タイプRはそちらをベースとしたモデルとなるだろう

 今回の発表で最も「いいね!」したいのがタイプRもラインナップするということ。現行モデルの最終型タイプR、ホンダ広報によれば「瞬時に売り切れました」というほど人気あります。

 絶対的な台数こそ多くないものの、ホンダブランドのイメージアップ効果たるや絶大。私のようにウルサイ評論家ですらタイプRに乗ると破顔しちゃう。

 しかも各国&地域で厳しくなる燃費規制と騒音規制を考えれば、今後タイプRのような燃費悪くて賑やかなモデルは存続しにくい。現行タイプRで絶版になるというウワサすら根強かったほど。

 そんななか、早くもタイプRの存在をアピールしてきたのだから嬉しい。果たしてどんなタイプRになるのか? 少し考えてみた。

強まる規制で新型シビックタイプRの日本導入はあるのか?

11月に抽選申込を開始した現行型シビックタイプR Limited Edition(200台限定抽選販売)

 参考までに書いておくと、現行シビックタイプRはイギリスのスウィンドン工場製ながら、エンジンのみアメリカ工場から調達している。次期型タイプR、アメリカ工場製になるため、ハード的には何の問題もなし。

 ただ、日本と欧州の燃費規制施行は鉄板である。必ず行われ、タイプRだと平均燃費の足を大きく引っ張ります。今の燃費だと無理。

 したがって次期型タイプRのメイン市場はアメリカということになる。幸いトランプ時代に燃費規制が大きく緩和された。

 オバマ政権の時、アメリカCAFEは「2025年までに平均燃費23km/L」だった。トランプ政権になり「2026年までに17km/L」となっています。この数字だと燃費良いクルマの多いホンダは余裕でクリア可能。

 問題はバイデン政権だ。すでに地球温暖化ガス規制を定めるパリ協定に復帰すると公言しており、そうなればオバマ政権時代に決めた規制に戻る可能性大。

 規制開始は2023年なので、燃費悪いタイプRを出せるかどうか微妙。というか現行タイプRのようにエンジンだけで走るスポーツモデルは難しいと考えてよかろう。

気になるタイプRの今後 次期型はパワフルな電動スポーツに?

ベストカー編集部が作成した次期型シビックタイプR。燃費規制にどう対応するのかに期待が膨らむ

 そのあたり、ホンダだって充分認識している。したがって現行モデルのようなタイプRにはならないと考えます。どうなるか?

 やはり電動化しなければならない。だからこそホンダもタイプRの登場は遅れると言っている。早くとも1年遅れの2023年。完全にアメリカCAFE施行のタイミングだ。ホンダというメーカー、燃費良いイメージ強い。

 そいつを崩さないためにも燃費は追求してくるに違いない。最も簡単なのがヨーロッパ車のような48Vマイルドハイブリッド。現行モデルはWLTC燃費で13km/L。

 これを16km/Lくらいまで向上させられると思う。けれど16km/Lくらいだと全く追いつかない。パリ協定復帰となったら20km/Lくらいは必要になります。

 となれば本格的な電動化が必要になってくる。考えられるとするとホンダの2モーターハイブリッドか? 

11月6日にマイナーチェンジした上級ミニバン オデッセイ。e:HEV(2モーターハイブリッド)では184馬力/WLTCモード:20km/Lである

 オデッセイのハイブリッドが採用しているモーターは184馬力。前後に搭載することで350馬力オーバーも可能。発電用エンジンとして現在の320馬力2Lターボを使えば、モード燃費20km/Lだって充分可能だと思う。

 マイルドハイブリッドをワンポイントリリーフとして投入するか、はたまた本格的な電動化なのか現時点で不明ながら、シビックの高性能モデルが存在するのであれば大歓迎したい。次世代を考えるなら後者だと思う。

 世界規模で電動化は逆らえない流れになってきた。果たしてホンダ経営陣が選ぶのはドチラなのか?

【画像ギャラリー】アメリカで先行発表された新型シビックプロトタイプと現行型シビックをみる

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型WRX S4 今秋登場確定情報入手! |ベストカー2月26日号

 ベストカー2月26日号が、本日発売。 巻頭を飾るスクープは、今秋登場するスバルの新型WRX S4です!   現行型が1月24日に受注終了となったことで、新型はどうなってるのか不安に思っておられるかもしれませんが、ご安心ください。ベストカー…

カタログ