これが次期ランクルに!? 高級SUVの未来を示すコンセプトカーの行方

 2018年1月に開催されたデトロイトショーに、レクサスの「LF-1リミットレス」が出品された。レクサスによれば、このモデルはレクサスの次世代デザインの可能性を示しており、「鍛え抜かれた日本刀」にインスピレーションを得たそう。

 サイズからいってこの「LF-1リミットレス」はレクサスの最高級SUV「LX」の次期型デザインスタディモデルであることは明らかだ。

 次期LXといえばそれはすなわち(プラットフォームを共有する)ランドクルーザーの次期型でもある。

 現行型LXおよび現行型ランドクルーザーの登場は2007年であり(LXの日本発売は2015年から)、すでに11年が経過した。

 アメリカを筆頭に世界100カ国でヒットしているこのモデル、次期型の発表発売は意外と早そう。本稿ではこのコンセプトモデルの詳細を紹介したい。

文:べストカー編集部

ベストカー2018年2月26日号「デトロイトショーで日本車【華】開く」より


■世界的ブームのなかで最激戦区となる最高級カテゴリー

 2018年1月14〜29日の日程で開催された米デトロイトショーには、多くの日本車が登場した。

 その中でも最も注目されたブースのひとつがレクサス。

 レクサスは次世代のフラッグシップ・クロスオーバーを提案する「レクサスLF-1リミットレス」を世界初公開した。

ヘッドランプは、フロントの立体的な造形と一体化するように進化している
ヘッドランプは、フロントの立体的な造形と一体化するように進化している「レクサスLF-1 リミットレス」

 世界的なクロスオーバーSUVブームの中で、このモデルが属す高級SUVは最激戦区のひとつ。

 2016年にはベントレーが同ブランド初のSUV「ベンティガ」を発表、今年に入ってランボルギーニが「ウルス」を正式発表し、さらにロールスロイスがこれまた同ブランド初のSUVを今夏発表する(日本導入は年内)とアナウンスした(車名は「カリナン」)。

 その中で、レクサスが最高級SUVのコンセプトカーを発表したわけだ。それはもう注目しないわけにはいかない。

■デザインモチーフは「日本刀」

 ではこのコンセプトカーのデザインとサイズを見ていこう。

「LF-1リミットレス」は長いノーズ、後方に構えたキャビン、クロスオーバーでありながら重心を低く感じさせるボディで、(最高級サルーンである)LSをクロスオーバー化したようなデザインだ。

 ボディサイズは全長5014×全幅1986×全高1605mm、ホイールベースは2974mmと公式にアナウンスされており、現行LXの全長5080×全幅1980×全高1910mm、ホイールベース2850mmよりも若干大きく、ロー&ワイドなボディを持つ。

リアは薄く水平に抜けたリアコンビランプにより、ワイド感を強調。リアスポイラーは左右に分割している
リアは薄く水平に抜けたリアコンビランプにより、ワイド感を強調。リアスポイラーは左右に分割している

 ノーズが長く、タイヤが大きく、特徴的なサイドラインを持つため、パッと見はちょっと車高の高いクーペにも見えるシルエットが印象的。

「日本刀にインスピレーションを得た」と発表資料にあるように、ソリッドな印象を持つフロントマスク、何はともあれガバッと開いたグリルが最大の特徴となる。

 こうしたデザインテイストが昨今のレクサス車のブームであり、それが次期LXにも、そして次期ランクルにも取り入れられるということか。

 高級車らしく自動運転技術の搭載もアナウンスされており、「ショーファーモード」を選べば目的地までの運転操作を車両側が担ってくれるそう。

インテリアは前席ジェスチャーコントロール、直感的なディスプレイ表示、4ナビゲーションなど、最先端のインターフェイスを採用
インテリアは前席ジェスチャーコントロール、直感的なディスプレイ表示、4ナビゲーションなど、最先端のインターフェイスを採用

 レクサスは(トヨタブランドと同じく)2025年頃までに、全世界に展開するすべてのモデルに電動専用車や電動グレードを設定する計画を立てているが、この「LF-1リミットレス」はガソリンエンジンやハイブリッドだけでなく、PHVやEV、FCVを含めたパワートレーンの搭載を想定しているとのこと。

 レクサスLXおよびランドクルーザーの現行型パワートレーンはV8のガソリン&ディーゼルのみだが、当然次期型はハイブリッド仕様が用意されるわけだ。

 現行型ランドクルーザーは、売れ筋グレードの「AX Gセレクション」が586万80円、レクサスLXの570「8人乗り」は1115万円となる。新型はランクルが650万円級、レクサスは1300万円級になるだろう(うーん、高い……)。

 登場予想時期はずばり2020年頃。2019年の東京モーターショーにはより具体的な市販前提モデルが登場することを期待したい。

こちらは現行型のランドクルーザー200。登場から11年が経過した。世界約100カ国で販売中
こちらは現行型のランドクルーザー200。登場から11年が経過した。世界約100カ国で販売中

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ