【ジムニー、レクサス、CR-V…】2018年登場する注目新型SUV 5選


世界的なクロスオーバーSUVブームのなか、日本市場でも満を持して各メーカーが自慢のラインアップを用意してきた。今年はそんな自信作が出揃う記念の年となりそう。

本稿では、現時点で年内の登場が確実視される5台の国産SUVをご紹介したい。3月商戦に向けて「SUVを買おうかなぁ」と思っている方が近くにいる読者諸兄は、本稿を読んで「ちょっとこれ見てからのほうがよくない?」とお声がけしてみてはいかがでしょう!

文:ベストカー編集部
ベストカー2018年3月10日号「間もなく登場! 期待のニューカマー」


■三菱エクリプスクロス 3月登場

三菱エクリプスクロススペック/全長4405mm×全幅1805mm×全高1685mm、1.5Lターボ、価格250万〜300万円
三菱エクリプスクロススペック/全長4405mm×全幅1805mm×全高1685mm、1.5Lターボ、価格250万〜300万円

今年登場する実力派SUVのなかで「一番槍」となるのは三菱のエクリプスクロス。

欧州やオーストラリアではすでに販売が開始されており、正直「やっとか」というタイミングで国内販売を開始する。待ってたぞ。

正式な日本発表は3月1日。つまり本日。基本プラットフォームはアウトランダーやRVRと共通だが、リアにいくに従って絞り込まれたようなルーフラインは新鮮だ。

三菱自らが「クーペSUV」と名乗っており、従来のSUVとは差別化を図っている。

搭載されるパワーユニットは新開発された1.6Lの直噴ターボで、最高出力は163ps。ミッションはCVTの組み合わせとなる。

■ホンダCR-V 8月登場

ホンダCR-V予想スペック/全長4590mm×全幅1850mm×全高1680mm、2L+モーター、価格250万〜340万円
ホンダCR-V予想スペック/全長4590mm×全幅1850mm×全高1680mm、2L+モーター、価格250万〜340万円

各社SUVラインアップの拡充を進めるなか、ミドルクラスではちょっと遅れ気味だったホンダが新型CR-Vを登場させる。CR-Vは先代モデルが2016年3月に日本向けの生産が終了。北米市場では販売が続けられ、同年10月に新型モデルが発売。

今回日本に登場するのは、その新型CR-Vの日本仕様。

クルマ自体はすでに昨年の東京モーターショーで公開済みだが、パワートレーンは1.5Lの直噴ターボと2Lの2モータースポーツハイブリッドi-MMDの2種類になるもよう。しかも、1.5Lターボは3列シート仕様になるようだ。

次ページは : ■スバルフォレスター 6月登場