新型クラウンは6月に登場!! そしてホンダの大攻勢が始まる!!


 毎回ディーラーを回って「生の声」を集め、新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回はトヨタディーラーから新型クラウンの追加情報をゲット! さらに日産キューブの一部改良、そしてホンダの新車攻勢の情報などを集めて来てくれました!

 激動の2018年新車スケジュール、早くも1/4が終わろうとしていますが、まだまだ波乱がありそうです!

 なお本稿メイン写真は東京オートサロンに出品された、次期型クラウンのモデリスタバージョンですが、昨年デビューしたカムリ同様、新型クラウンもノーマル仕様の発表発売と同時にモデリスタ仕様とTRD仕様が発表発売となるようです。

文:遠藤徹
ベストカー2018年4月10日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


■次期型クラウンは6月発表!!

 今回掴んだ情報によると、トヨタは新型クラウンの発表日を6月25日に決めて調整しているようです。

 次期型は、昨年の東京モーターショーに参考出品したプロトタイプとほぼ同じボディスタイルに一本化する見込みで、従来のようなロイヤル、アスリートのようなシリーズ分けはしません。

流麗なボディスタイルが特徴の次期クラウン。次期型は「15代目」となって、徳川将軍家と並ぶことになる
流麗なボディスタイルが特徴の次期クラウン。次期型は「15代目」となって、徳川将軍家と並ぶことになる

(編集部注/新型クラウンに関するより詳しい情報は、本誌『ベストカー 2018年4月26日号』(3月26日発売号)に掲載されております)

 パワーユニットに関しては、これまで2Lターボと2.5Lハイブリッドの2本立てで、「6気筒廃止」と伝えてきましたが、申し訳ありません、最新情報によるとV6、3.5L仕様も存在するとのこと。

 ただしこちらは既報のとおり「マジェスタ」が廃止され、その代わりに設定される新たな上級グレードにそのV6仕様が搭載されるそうです。

 上級バージョンのマジェスタは2月20日付で生産中止しました。

 現行型クラウンは3月26日付でオーダーストップとなり、以降在庫一掃セールを開始する見通しです。

■日産がキューブを4月上旬に一部改良

 日産は4月上旬、キューブを一部改良します。今回の改良は法規制の対応が主な内容で、フロントバンパーやステアリングの形状変更などが行われます。ステアリングは操作がしやすい下部が平らな形状で、径が太いタイプを採用します。

現行キューブのデビューは2008年11月。登場から10年半となると、さすがにそろそろ次期型開発の情報が入ってきてほしい
現行キューブのデビューは2008年11月。登場から10年半となると、さすがにそろそろ次期型開発の情報が入ってきてほしい

 従来モデルは今年1月いっぱいでオーダーストップとし、現在は在庫一掃セールに入っています。

次ページは : ■ホンダがジェイドを一部改良、2列シート車を追加

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ