【アクア新型出ず6年以上経過!!】なぜ日本車のモデルチェンジサイクルは長くなったのか

1980年代くらいまでの日本車は、ほとんどのクルマが判で押したように発売後2年でマイナーチェンジ、ほぼ4年周期でフルモデルチェンジを行っていた。2018年1〜12月の販売台数ランキングを見ても、6年以上経過しているモデルがかなり目につく。

かつては日本車に比べてモデルチェンジサイクルが長い、と言われていた輸入車よりも長くなっているのは明らかで、現在は日本車のモデルチェンジ状況が大きく変わってきている。

フルモデルチェンジの一番の目的は、クルマのリフレッシュにある。マイチェンや一部改良を細かく展開しているといっても根本的な魅力アップにつながるとは思えない。

それにもかかわらず日本車のフルモデルチェンジサイクルが長くなったのは、合理化として当然の成り行きなのか? 単なるコストカットなのか? それとも低迷する日本市場は諦めて軽視しているのか? などなど、クルマの販売状況に明るい渡辺陽一郎氏に分析してもらった。

文:渡辺陽一郎/写真:平野学、TOYOTA、ベストカー編集部


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ