フォーミュラE優勝チーム直系のPHEV!! 「DS 7 クロスバック E-TENSE 4×4」が凄い!


 フレンチラグジュアリーブランド「DS」に、新たな電動車が加わった。それがフラッグシップモデルのPHEV「DS 7 クロスバック E-TENSE 4×4」だ。

 この電動化技術「E-TENSE」は、EVフォーミュラカーレース「フォーミュラE」に参戦し、2019年と2020年の2年連続で総合優勝を飾った「DS TECHEETAH」チームからのフィードバックを受け、開発されているという。

 さらに2モーターを搭載した4WDシステムを搭載する点も大きな見どころだ。DS初のPHEVにして、四輪駆動車でもある「DS 7 クロスバック E-TENSE 4×4」を紹介しよう。

文:大音安弘  写真:グループPSAジャパン

【画像ギャラリー】電動車かつ4WDなDS「DS 7 E-TENSE 4×4」


■フォーミュラEの技術を取り入れたPHEV

 グループPSAジャパンは、2021年3月10日、DSのフラッグシップSUV「DS 7」のPHEV「DS 7 クロスバック E-TENSE 4×4」を追加し、同日より販売を開始した。

 日本仕様は、右ハンドルの「グランシック」のみとなり、価格は732万円だ。

DS 7 クロスバックにPHEV仕様の「E-TENSE 4×4」を追加。

 フレンチラグジュアリーSUVの「DS 7 クロスバック」の新仕様として追加された「E-TENSE 4×4」は、ガソリンエンジンに加え、前後モーターを搭載した4WDのPHEVであることが大きな特徴だ。

 その電動化技術「E-TENSE」の開発には、DSが提携するフォーミュラEチーム「DS TECHEETAH」からのフィードバックを受けた技術と知見が活かされているという。

 フォーミュラEとは、EVフォーミュラカーによるレースであり、同チームは、2019年と2020年の2連連続で総合優勝を飾った実力派だ。

■ビジュアルの差別化は限定的

 DS 7 クロスバック初の電動車となる「E-TENSE 4×4」だが、意外にもビジュアルの差別化は限定的。これは先進的かつモダンさを前面に打ち出したDSブランドと電動化技術の親和性の高さを、さりげなく主張するためだ。

 エクステリアの細やかな違いを挙げると、専用外装色となる「クリスタル パール」の設定、フロントフードとリアゲートに配された「E-TENSE」のコンパクトなエンブレムくらいのもの。

 ただ給油口と給電口のふたつが必要なため、左右リアフェンダーにそれぞれのリッドが備わる。それも数少ないビジュアルの差となっている。

給電口と給油口は左右別々の場所に設置。ただひと目でPHEVと判断するのは難しいほど、差別化は限定的だ

  差別化が最小となるのは、インテリアも同様だ。E-TESE 4×4には、エンジン車の最上級グレードでもある「グランシック」仕様を採用。

 ダッシュボード中央のB.R.M製のアナログ時計やダイヤモンドクロスステッチが印象的な「リヴォリ」デザインのシートやトリム、先進の電子デバイスなどを備えた贅沢な空間が広がる。ただしインテリアカラーは限定され、パールグレーのみとなる。

インテリアは、パールグレーに。トリムレベルは、エンジン車のトリムレベル「リヴォリ」と同じ仕様となる(日本仕様は右ハンドル車のみ)

次ページは : ■パワフルなPHEVシステム

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ