新型カローラの発売日判明! 直前情報掴んだ!! 新生カローラハッチバックにヒットの予感!!


 今年発売予定のトヨタ車のなかで最注目車というとやはり6月のクラウンではあるが、しかしそれと並んで現場のディーラーマンの期待値が大きいのが「カローラハッチバック(仮)」。

 「仮」というのは、オーリスの後継車でありながら正式車名がまだ明らかになっておらず、とはいえカローラ店扱いなのは間違いないところから、便宜上このように呼んでいる。

 トヨタの世界戦略車としてまずは欧州、次に北米と披露され、いよいよ日本版が今夏登場するわけだ。これまで明らかになった情報を統合すると、パワートレインも新開発技術がふんだんに盛り込まれるもよう。さらに「隠し玉」もあるという。

 そんなデビューが楽しみな新生カローラハッチバック(仮)、現時点で判明している情報を中心に紹介していく。

文:ベストカー編集部
ベストカー 2018年4/26号「夏が来る 新車も来る!! TOYOTA新車2連発」より


■サイズも判明!! たっぷり3ナンバーボディ

 3月8〜18日開催のジュネーブモーターショーには「オーリス」として欧州仕様が、3月30〜4月8日に開催されたニューヨークショーには「カローラハッチバック」として、トヨタの世界戦略車が発表された。

ニューヨークショーで世界初披露された「カローラハッチバック」
ニューヨークショーで世界初披露された「カローラハッチバック」

 日本市場では「オーリス」と呼ばれ、発売は「今夏」と公式にアナウンスされたモデルだ。

 車名は北米仕様と同じく「カローラハッチバック」あるいは「カローラスポーツ」という名称となり、カローラ店扱いとなる(現行型オーリスは3月20日時点で販売終了し公式サイト閉鎖)。

 今回判明したのはその日本発売日。販売店筋によると、ズバリ6月26日だという。なんと新型クラウン発表発売日(6/25)の翌日だ。これには本企画担当もちょっと驚いた。販売系列が分かれているトヨタならではの仕掛けだろう。

 TNGAに基づくプラットフォームが採用された新型。先代より40mm長くなった全長と、同じく先代比で約25mm低められた全高により、クリーンで魅力的な外観となった。

 また、40mm伸びた全長はホイールベースの延長分であるため、居住性も大きく向上されている(ここまでは欧州仕様発表時に公表)。

カローラの名が付いているとはいえ、元がオーリスなので全幅は1700㎜を超える。現行オーリス同等の1760mmほどになるだろう。

 なお北米仕様の「カローラハッチバック」は全長4370×全幅1790×全高1435mm、ホイールベース2640mmという数値が公開されている。

 ベストカーでは次期型カローラに関し「今度のカローラは3ナンバーになる」という情報を早くからつかんでいたが、それはこのカローラスポーツと呼ばれることになる新型オーリスのことだったのだ。

かつてカローラに存在したハッチバック版、カローラFX。扱いやすく人気もあった。1984年に登場。キャッチコピーは「2BOX上級生」。2BOXって言わなくなりましたよね
かつてカローラに存在したハッチバック版、カローラFX。扱いやすく人気もあった。初代は1984年に登場。キャッチコピーは「2BOX上級生」。そういえば2BOXって言わなくなりましたよね

■多彩なパワーユニットから選ばれるのは……

 日本でのデビュー時期が6月と意外に近いということで、その中身が気になりだした人も多いであろうカローラハッチバック(仮)。

 ジュネーブ発表の新型オーリスでは1.2Lの直噴ターボのほか、1.8L(122hp)と2L(180hp)、2種のハイブリッドがパワーユニットとして発表された。

 1.8Lエンジンベースのハイブリッドは従来から存在していたが、これもモーターのみの走行可能距離が50%伸びるなど、全体にブラッシュアップされたものとなっている。

 いっぽう北米仕様のカローラハッチバックには新開発の2Lガソリン直噴エンジンが搭載されており、これにCVTと6速MT仕様(!)が組み合わされる。

 果たして日本仕様はどのラインアップが採用されるのか?

 現時点では予想の範囲だが、1.2L直噴ターボと2L直噴ガソリンエンジン、それに2L+モーターのハイブリッドで始まると予想される。

欧州仕様も3月に世界初公開。こちらは「オーリス」の車名が残ることが判明した
欧州仕様も3月に世界初公開。こちらは「オーリス」の車名が残ることが判明した

 注目はこの2Lエンジンで、これもTNGAに基づいて開発された新型。高速燃焼技術、可変制御システムの採用のほか、排気・冷却・機械作動時などのエネルギーロスを抑えることで、40%・41%という世界トップレベルの熱効率を実現。

 同時に従来型エンジンに比べ、低回転から高回転域までの全域でトルクアップを果たしているという優れたエンジンだ。

 このエンジンに組み合わされるハイブリッドシステムも2Lに新開発されたもの。加速時にはエンジンの回転数を下げると同時に電池からの電力を高め、伸びのある加速感を実現するというから、従来のハイブリッドモデルとは次元の異なる走りを見せることになるだろう。

 最後にもうひとつ、ベストカースクープ班はカローラハッチバックに設定される、もうひとつ隠し球の存在をキャッチしている。

 それが250ps級の出力を発生するという、1.6Lの直3ターボ搭載グレード「GT」だ。

開発が進められていることをキャッチした本誌。「スポーツ仕様」はもしかしたら「GR」となるかもしれない
開発が進められていることをキャッチした本誌。「スポーツ仕様」はもしかしたら「GR」となるかもしれない

 こちらはまだ詳細は明かされていないが、開発は進んでいるという情報が編集部に入っている。

 デビューは標準モデル登場から約1年後、2019年初夏と予想されるが、久々に元気な(元気すぎる?)カローラ登場となるだけに、期待して待ちたい。

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ