VW上級モデル パサートがマイナーチェンジへ デジタル化を強化して発売!!

デジタル化を強化!! マイナーチェンジ版フォルクスワーゲン パサートを発売

 フォルクスワーゲンの上級モデル「パサート」シリーズが初のマイナーチェンジを実施した。

 その内容はフェイスリフトに留まらず、時代が求める先進機能の強化も大きなトピックだ。特に運転支援機能の充実が図られている。

 さらに新エンジンの採用で、モデルラインも一新された新型パサートたちの進化のポイントをまとめてお届けしよう。

文:大音安弘  写真:フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン

【画像ギャラリー】リフレッシュされたMC型VWパサートのすべて


■初のMCを実施したVWパサート

 フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、2021年4月6日、ミッドサイズモデル「パサート」シリーズのマイナーチェンジを実施し、同日より販売を開始することを発表した。

 マイナーチェンジモデルのラインアップは、これまで同様に、セダン、ステーションワゴン「ヴァリアント」、クロスオーバーワゴン「オールトラック」の3タイプとなり、シリーズの価格は、429万9000円~604万9000円となる。

初のマイナーチェンジを実施したVWの上級モデル「パサート」シリーズ

■フェイスリフトで力強くなった外装デザイン

 初のマイナーチェンジでは、フェイスリフトも実施。前後バンパー、ライト類、フロントグリルなどのデザインが見直され、より力強いデザインに進化している。

 フロントバンパーは、直線的だったロアグリルに抑揚が与えられ、表情も豊かとなり、力強さも増した。アクセントとなる前後のVWエンブレムも新デザインのものに変更されている。

 フロントヘッドライトは、流れるウィンカーことダイナミックターンインジケーター付きのLEDヘッドライトが全車に標準化。このため、グレードによる見た目の違いも少なくなった。

 リアバンパーも新デザインとなり、全車でテールパイプフィニッシャー内蔵タイプに変更。LEDテールランプも新デザインとなり、こちらもフロント同様に、流れるウィンカーが備わる。

 小さな違いだが、パサートのロゴエンブレムも、VWバッチ下の中央配置に変更された。

テールランプやエンブレムの変更もリアデザインの鮮度をた高めることに貢献

次ページは : ■インフォテイメントシステムは常時通信式に