VWパサート新型ディーゼル上陸の事情と実力 なぜ導入したのか?


 2018年2月14日、フォルクスワーゲンのミドルクラスサルーン&ワゴンである「パサート」に、新たにクリーンディーゼルである「TDI搭載車」がラインアップに加わり、日本国内のフォルクスワーゲン正規代理店で販売が開始されました。

 セダンの「パサートTDIエレガンスライン」は422万9000円、ワゴンの「パサートヴァリアントTDIエレガンスライン」は442万9000円(ともに2.0Lターボディーゼルエンジンを搭載)。

 VWのディーゼルといえば2015年に北米で排ガス不正問題が発覚し、世界中が大騒ぎになった事件が記憶に新しい。あれから2年半、なぜVWは日本にディーゼルを導入するのか? その事情と実力は? エンジニアに取材し、実車にしっかり乗りつつ紹介します。

文:大音安弘


■かなりパワフルなうえ、燃費も20.6km/Lと上々

 まず簡単に、今回新導入された「TDIエンジン」について紹介する。

 これはVW最新世代のクリーンディーゼルエンジンで、PM排出を抑制するDPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)と“AdBlue(アドブルー)”と呼ばれる尿素水溶液を排ガスに噴射することでNOxを無害化させるSCR(選択触媒還元)システムなどを組み合わせた最新の排ガス浄化システムを備えたもの。

 世界的にも厳しい日本の「ポスト新長期排ガス規格」にもしっかりと適合する。

 エンジンスペックを見ると、2.0Lの直列4気筒ターボで、最高出力は190ps/3500rpm~4000rpm、最大トルク400Nm/1900~3300rpmとかなりパワフル。気になる燃費性能も、20.6km/L(JC08モード)と優秀だ。

今回日本に初導入されたTDI搭載車は「パサート」。セダンとワゴン(ヴァリアント)同時発売
今回日本に初導入されたTDI搭載車は「パサート」。セダンとワゴン(ヴァリアント)同時発売

■不正事件で「輸入車No.1」から陥落

 本来ならば、このTDI搭載車は、もっと早いタイミングで日本へ導入されるはずだった。そこに水を差したのが、2015年9月に北米で発覚したVWディーゼル排ガス不正だ。

 北米での厳しい環境基準に適合させるために、エンジン制御プログラムに、通常時とは異なる制御を行うテストモードを密かに盛り込んでいたことが発覚。この事件は、VWグループ全体を巻き込む世界的な事態へと発展した。

 それはディーゼルモデルの導入がない日本でも販売に大きな打撃を与え、結果、長らく築いてきた日本市場輸入車販売No,1の座を明け渡すきっかけにもなった(2015年は1位メルセデス・ベンツ、2位VW、3位BMW、2016年は1位メルセデス・ベンツ、2位BMW、3位VW、2017年も同順)。

 日本国内ではまったく問題がないガソリン車さえ販売減となったことで、VWはクリーンディーゼル導入どころではなくなってしまったというわけだ。

 ただここで誤解してならないのは、今回日本で発売されるパサートのTDIエンジンは、問題となった旧型TDIエンジンとは、まったく別物の新生代クリーンディーゼルエンジンであること。

 今回の導入に際して、日本仕様向けに手を加えることもなく、欧州仕様とまったく同じものだという。それだけ完成された技術レベルを持つ。

TDI(クリーンディーゼル)、音はしっかり「ディーゼル」という感じでした
TDI(クリーンディーゼル)、音はしっかり「ディーゼル」という感じでした

次ページは : ■ディーゼル人気を背景に復活を図る