新型センチュリー登場時期判明&日産今年の新車ゼロ!? 新車情報続々入荷!!


 丹念に新車ディーラーを周って「生」の新車情報を当サイトに届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回は日産衝撃の新車スケジュール(なんと2019年3月まで新型車ゼロ!)やトヨタの、いや日本の最高級セダン、センチュリーの新型発表日、さらにセレナe-POWERの売れ行き、スバル新型フォレスター、スズキ新型ジムニーの最新情報など、盛りだくさんの内容でお届けします。
文:遠藤徹
『ベストカー』2018年5月26日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


■日産、今年のニューモデル投入はゼロ!?

 日産は、新規モデルやフルモデルチェンジなど、新しい型式をともなう国内向けのニューモデルを今年度投入しないことがわかりました。

 今年度は秋にリーフのスポーティバージョンである「リーフニスモ」を追加しますが、ほかに目立った新型車展開については予定していません。ビッグマイナーチェンジも存在しないと思われます。

日産リーフのNISMOバージョン。今年日産が新車として導入するのはこの1モデルのみ
日産リーフのNISMOバージョン。今年、これから日産が新車として導入するのはこの1モデルのみだという。なんというか、大丈夫か日産ディーラー……

 グローバルではアメリカや中国など積極的に新型車を投入していく予定ですが、国内は極端に少なく、販売店にとっては厳しい1年になりそうです。

 ただ、2019年度になるとジューク、エクストレイル、ノート、マーチ、電気自動車、軽自動車など戦略モデルの発売が予想され、三菱自動車とのタイアップの具体化も含めて、再び攻勢を強めることになりそうです。

■トヨタ、センチュリーを6月25日にフルモデルチェンジ

 トヨタは「センチュリー」を(新型クラウンと同じ)2018年6月25日にフルモデルチェンジします。

トヨタ新型センチュリー。昨年の東京モーターショーに出品されたプロトタイプと同じ姿で登場する
トヨタ新型センチュリー。昨年の東京モーターショーに出品されたプロトタイプと同じ姿で登場する

 新型はハンドメイド感を一段と盛り込んだ最高のクオリティを追求し、パワーユニットは5L、V8ハイブリッドエンジンを搭載します。

 なお、各トヨタ店に割り当て制オーダーメイドとしており、大量生産ができないため、すでに年内分の発注は終了している販売店も出始めています。ほとんどが法人の役員用となっており、大半は従来モデルの代替えで年内販売ぶんは埋まっているようです。

 先代型はすでに生産を中止しており、新型の在庫もありません。昨年の東京モーターショーで見て「ほしい」と考えている法人の責任者の皆さんは、早くトヨタディーラーへお問い合わせください。

次ページは : ■来春発売の新型RAV4はトヨタ全系列店併売か?