シビックタイプRはなぜあっという間に買えなくなったのか?


 2020年1月にマイナーチェンジが発表された、ホンダのシビックタイプR。しかしコロナ禍で当初の予定から2020年10月9日に発売がずれ込むと、国内200台限定発売の「リミテッド」のみならず、本来なら通年販売となるはずのノーマルタイプまで瞬く間に「売り切れ」となってしまった。

 なぜこのような事態に陥ってしまったのか? コロナ禍以外にも背景があったのか? その「ホントのところ」をホンダ広報、販売店へ聞いてみた。

※本稿は2021年3月のものです
文/ベストカー編集部 写真/HONDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年4月10日号

【画像ギャラリー】キャンセル待ちに一縷の望みを託すか…!? “即完”シビックタイプRをギャラリーで眺める


■幻の高性能車となってしまったタイプR

 NSX、インテグラに続く「タイプR」シリーズ第3弾として初代シビックタイプRが登場したのが1997年。185psを発生する1.6L NAエンジンは好評をもって受け入れられ、その後2代目、3代目と速さを極めていく。

 歴代初となるターボエンジンを搭載したのが、2015年に発売された4代目。そして今回の主役である5代目は2017年7月に発表された。

 搭載するK20C型エンジンの出力は320ps。リアサスは先代のトーションビームからマルチリンクへ変更され、その走りはさらに進化した。

 そして昨年10月8日、マイナーチェンジモデルが発表された。

 フロントグリル開口面積拡大による冷却性向上、2ピースフローティングディスクブレーキの採用、そしてサスシステムのアップデート。

 FFスポーツとしては至高の域に達する走りを見せたのだが、ここで異変が起きる。

 買えないのである。

ノーマルのシビックタイプR。ボディカラーは写真のチャンピオンシップホワイトのほか、ブルーなど4色が用意された。475万2000円

■英国工場閉鎖と「優秀なディーラー」のWパンチ??

 軽量化に専用セッティングとされたダンパーシステム&EPSなど、さらにチューンが進んだ200台限定モデル「リミテッドエディション」が買えないというのなら、わかる。

 実際、リミテッドエディションは10月8日の発表から瞬く間にWEB抽選用の10台を除く190台が完売した。

 だがノーマルモデルも買えないのである。ノーマルモデルは限定ではなく通年販売が行われるモデル。

 にもかかわらずホンダのホームページを見ると「ご好評につき、予定していた販売台数が全て終了致しました」との表記で、もう新車購入できない旨が伝えられている。なぜこうなったのか。

ホンダのホームページ。普通に車種ラインナップに載ってるので勘違いしがちだが、クリックすると販売終了を教えてくれる。「おっ!」と思ってしまった人も多い?

次ページは : ■ホンダ広報に直撃

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ