【レクサス、ホンダ、ダイハツ新車続々】熱い新車カレンダー 2018年下半期版


スズキの新車攻勢(新型スペーシアとクロスビー)で幕を開けた2018年。三菱からエクリプスクロス、日産からセレナe-POWERが登場し、6月にはスバル新型フォレスター、トヨタから新型クラウンと新型カローラスポーツ(仮称)が発売される。

なかなか充実したラインアップだが、しかし2018年の新車は下半期も楽しみなものが多い。本稿では流通ジャーナリストの遠藤徹氏がまとめてくれた「2018年下半期新車ラインアップ」をご紹介したい。
文:遠藤徹


■ホンダN-VAN 7月末発売

ホンダN-VANのハイルーフ版
ホンダN-VANのハイルーフ版

当初、発表発売は6月末と報じられていたが、1ヶ月後の7月末となった。

N-BOXベースのボックス型商用車でバモス/バモスホビオ、アクティバン(こちらは3月いっぱいで生産中止)の後継モデルとなる。

助手席側センターピラーレスで嵩物の積載性がいいのがウリ。商用車ナンバーだが、個人用の遊びグルマとしての仕様も用意する。

「G/Lグレード」が業務用でハイルーフ、「ファンスタイル」は業務用にも個人用にも使えてハイルーフ、「クールスタイル」はロールーフで個人用の遊びグルマがコンセプト。

シートは助手席ライブダウン方式で前に倒すと下に沈み込み、リヤ席を倒して一体のフラットにできる。パワーユニットは660ccでNAとターボを用意。駆動方式はFFと4WD、これにCVTと6MT仕様の組み合わせとなる。もちろん安全パッケージの「ホンダセンシング」の標準装備車も設定する。

ホンダの公式特設サイトで公表された内装写真。Bピラーレス構造や助手席ダイブダウンが見られる
ホンダの公式特設サイトで公表された内装写真。Bピラーレス構造や助手席ダイブダウンが見られる

■レクサスES 9月発売

レクサスES。今年4月の北京モーターショーで外観デザインを公表。今秋日本発売も発表された
レクサスES。今年4月の北京モーターショーで外観デザインを公表。今夏日本導入とも正式に発表された

レクサスブランドのFF最上級サルーンとなるES。

トヨタブランドのカムリがベースで、2.5Lのハイブリッド専用モデル。次世代プラットフォームで低重心の安定走行を実現。全長をGS並みに延長し、ハイクオリティで足回りを強化、カムリよりも走りのポテンシャルアップを図った仕立てとする。

レクサスのラインアップの中ではLSを上回り、最も広い室内居住空間を誇る。

GSは当面継続生産する見込みだが、(ESと同じクラスとなる)2.5LハイブリッドのGS300hグレードは廃止となる可能性がある。

ESのグレード名は「ES300h」となるのでは。

安心パッケージは最新のデバイスを標準装備し、高速道路での追随機能を含めた自動運転機能も装備する。カムリよりも約100万円高い価格設定となる見込み。

次ページは : ■ホンダCR-V 8月末に登場、9月にHV追加

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ