レクサス、スカイライン、MIRAIら販売希少車の新型情報 2018年春版


「次期モデルの開発情報をスクープ!」といった華やかな見出しで報じられるのは、人気車であることが多い。もちろん売れているクルマはそれだけ買っている人が多いということであり、買っている人が多いということは、そのクルマに強い関心を持つ人が多いということだ。興味を持つ人が多い事柄を優先的に報じるのはメディアの役割である。うむ、確かに。

しかし売れてようと売れていまいと、作っている人や売っている人、ほしいと思っている人には関係ない話。当然、次期型の開発だって進んでいるモデルはあるし、そうした新モデルが起死回生、乾坤一擲を放つ可能性だってある。

そこで本企画では、現行モデルの販売はなかなか苦戦しているけれど、次期モデルが気になるクルマ、検討しているモデルの新型情報を紹介します。
まだまだ情報が錯綜しているモデルもありますが、数少ない情報を楽しみにしつつ、気長に待ちましょう!
文:ベストカー編集部
ベストカー2018年6/10号「売れてるクルマ、売れてないクルマの新車情報」


■レクサスGS 2018年4月の月販台数 225台

写真は2018年末に日本導入されるレクサスES。レクサスGSの現行型は2012年8月登場
写真は2018年末に日本導入されるレクサスES。レクサスGSの現行型は2012年8月登場

現在、販売されているレクサスGSは2015年にビッグマイチェンを受けたモデルだが、残念ながら次期型はなく、このまま消滅する可能性が高い。2005年のレクサス日本上陸以来ラインアップしてきたモデルだけに残念。今年12月にその代替モデルとして日本導入が予定されているESに置き換えられることになる。

■日産フーガ 2018年4月の月販台数 88台

次期型フーガの本誌予想CG。フーガの現行型は2009年11月登場。次期型の開発はスタートしており、北米で先行公開されると予想
次期型フーガの本誌予想CG。フーガの現行型は2009年11月登場。次期型の開発はスタートしており、北米で先行公開されると予想

セドリック/グロリアの実質的後継車として2004年に誕生、現行型(2代目)は2009年に発売した。次期型はベンツとのプラットフォームを共有するモデルで、北米のインフィニティQ70として登場する。注目はパワートレーンで、Q50/60に搭載されるV6、3Lツインターボが投入される。新型クラウンとガチンコのライバルとなり、入念な開発が進められている。

次ページは : ■日産スカイライン 2018年4月の月販台数 112台

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ