新型ノートオーラ正式発表! 最強e-POWER搭載&3ナンバー化で勝負!! 

最強e-POWER搭載&3ナンバー化!! 新型ノートオーラ誕生

 e-POWERの革命児! 日産 新型ノートに早くも派生モデル誕生。1クラス上を目指した上質コンパクトはe-POWERもさらにパワーアップ!!

 最近はコンパクトカーの人気が高く、メーカーの商品開発も活発だ。2020年には、日産 ノートとホンダ フィットがフルモデルチェンジを行い、トヨタ ヴィッツはヤリスに刷新された。全長を4m前後に設定して、全高は立体駐車場を使いやすい高さに抑えたコンパクトカーが出そろった。

 そして本日2021年6月15日、早くも上級シリーズの新型ノートオーラが発表された。現行ノートの発表は2020年11月、納車を伴う発売は12月だから、登場して半年後に上級シリーズを加えた。

文/渡辺陽一郎
写真/奥隅圭之

【画像ギャラリー】本文未掲載写真含む38枚! 6月15日に発表された日産新型ノートオーラをみる


3ナンバー化して「1クラス上」目指した新型ノートオーラ

2021年6月15日に初公開されたノート派生車、新型ノートオーラ。全幅1735mmに拡幅され、3ナンバー車になった。ノートよりもフェンダーの張り出しが大きくなっている

 ノートとノートオーラで最も大きく異なるのは全幅の数値だ。ノートは1695mmの5ナンバー車だが、ノートオーラは1735mmに拡幅されて3ナンバー車になった。ノートに比べるとフェンダーの張り出しが大きい。

 開発者は「前席のドアパネルは同じだが、後席のドア、前後のフェンダーなどはデザインが異なる」という。

フロントデザインは、LEDライト、方向指示機がVモーショングリルと一体化、さらにブラックのグリルが緻密になっている。後ろには、横一文字のLEDリヤコンビネーションランプが搭載している

 フロントマスクに装着されたV字型の装飾もノートとは異なり、LEDポジションランプ、アクセントランプ、シーケンシャルターンランプ(方向指示機)の兼用だ。ブラックのグリルも緻密なデザインになっている。

 後ろ姿もノートとは違って、横一文字のLEDリヤコンビネーションランプが個性的だ。ボディ全体の造形はノートだが、細部の質感を高めた。

広さはノート同等も上質さで違い見せるノートオーラ

ノートとインパネの基本形状は同じだが、ツイート調織物などの高級素材を使用している。グレード「Gレザーエディション」には本革シートが使われている

 内装はノートも上質だが、ノートオーラはそれ以上だ。インパネの基本形状は同じだが素材を上級化した。インパネの上部などには、ツイード調織物が巻かれている。

 グレードは「G」と「Gレザーエディション」、それぞれに後輪をモーターで駆動する4WDが用意され、レザーエディションには本革シートが使われる。内装色は「G」がブラック、「Gレザーエディション」はブラックとグレーだ。グレーの内装では、木目調パネルも明るい色彩になる。このあたりもノートに比べて上質だ。

ノートオーラは、3ナンバー車だが、車内の広さはノートと同じ。内装色は「G」でブラックのみ、「Gレザーエディション」ではブラックとグレーの2種類を用意されている

 ノートオーラは3ナンバー車だが、車内の広さはノートと同じだ。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間はノートと同じく握りコブシ2つ分だから、ファミリーカーとしても使いやすい。

 シートの座り心地も基本的に同じだ。本革シートは、ノートを含めて3層構造になり、座り心地をしなやかに仕上げた。

次ページは : ノートよりも走行性能がアップ!!