新型ノート登場で勢力図激変!!? ガチ燃費チェック!! 最新国産コンパクトカー徹底調査


 昨年(2020年)12月末に販売を開始した新型ノートの売れゆきが好調だ。

 ノートが加わったことで、コンパクトカーは本格的な激戦の幕が切って落とされた! 徹底テストで実力を試す!

●トピック
・TEST01 燃費比較テスト
・TEST02 ユーティリティ(使い勝手)テスト
・最終判定01 走り&技術で選べば?
・最終判定02 コスパ&使い勝手で選ぶなら?
・【番外コラム01】新型ノート 鈴木直也のファーストインプレッション
・【番外コラム02】新型ノート 渡辺陽一郎のファーストインプレッション

※本稿は2021年2月のものです
文/鈴木直也、渡辺陽一郎 写真/ベストカー編集部 撮影/平野 学
初出:『ベストカー』 2021年3月26日号

【画像ギャラリー】バリバリの新型ノートほか エントリーされた5台とテストの様子をギャラリーでチェック!!!


■テスト参加はこの5台

 昨年11月に発表され、12月23日より販売が開始された新型ノートが加わったことで、コンパクトカーは各メーカーのラインナップが新世代に切り替わった。

 2月1日現在、ノートは受注2万台を突破。1月の販売台数はヤリス=8180台、フィット=5889台、スイフト=909台に対しノートは7532台で販売も好調だ。

 従来型ノートはヤリスやフィットなどと比べるとひとクラス上のボディサイズという印象だったが、新型はホイールベースを20mm短縮し、全長は55mm短い4045mmとしたことで、Bセグコンパクトカーの激戦区に殴り込みをかけるがごとく参入した。

 ってことで、新型ノートが加わったことで「コンパクトカー勢力図」はどのように変化するのか!?

 e-POWER専用となった新型ノートを、ヤリスハイブリッド、フィットハイブリッド、さらにスイフト(マイルドハイブリッド&ストロングハイブリッド)などのガチンコライバルたちと、燃費テストやユーティリティチェックなど、直接対決しながら、最新コンパクトカーの実力を徹底的に比較チェックしていこう!

ノートX(218万6800円)…昨年11月にフルモデルチェンジした新型ノートは先代型よりホイールベースを20mm短縮し、全長は55mm短くなってBセグサイズになった。パワーユニットはe-POWERのみ。モーター出力は向上した
ヤリス ハイブリッドZ(229万5000円)…全長3940mmと短く割り切ったことで後席居住性や荷室サイズは犠牲になったが、小気味よい走りを得たヤリス。ハイブリッドのほか1L NA、1.5L NAもあるがすべて3気筒エンジン。燃費のよさはピカイチだ
フィットハイブリッド(HOME・206万8000円)…全長は4mを切るサイズながら、センタータンクレイアウトなどによって、室内の広さが自慢。パワーユニットは1.3Lガソリンとモーターを駆動力の主とするe:HEVの2タイプ。ソフトな乗り味も特徴的
スイフトRS(マイルドハイブリッド・187万9900円)…全長3885mmで今回の各車のなかで最も短く、ホイールベースも最短。エンジンは1.2LでIGSをアシストモーターに使うマイルドハイブリッドでトランスミッションはCVT。最もコンベンショナルなパワーユニットだ
スイフトSZ(ストロングハイブリッド・208万7800円)…車体、エンジン本体はスイフトRSと同じだが、5速AGSに13.6ps/3.1kgmモーターを組み合わせたストロングハイブリッド。車重は60kg増となる。リチウムイオンバッテリーの搭載により、荷室が狭くなる
主要諸元ほかスペック比較表

■TEST01 燃費計測コース走ってわかった!

 ノートe-POWERとそのライバルたちを、いつもの擬似WLTCモードコースで燃費計測してみた。

 今回は最初の市街地セクションが渋滞気味で、ラストの郊外路セクションも交通の流れがあまりよくなかった。そのため、全般的に燃費の数字が伸びていない。

都内三鷹市から一般道を走り、練馬から関越道で熊谷を目指す

 この影響をいちばん受けたのが、前回抜群の燃費を記録したヤリスハイブリッドだ。トップは死守したものの、2位以下との差が詰まってきた印象がある。

 ヤリスハイブリッドは、前回郊外路で40km/Lを達成してスタッフを驚かせたが、今回の郊外路は31.2km/L。

 高速セクションでは前回越えの28.1km/Lをマークしたものの、全コース平均では28.2km/Lにとどまった。

 まぁ、これでも充分に素晴らしい成績なのだが、潜在的なポテンシャルを引き出しきれなかった感はある。

今の時代、Bセグコンパクトカーのパワーユニットは多種多様。スイフトにはマイルドハイブリッドとストロングハイブリッド、ノートはモーターで走るe-POWERのみ。ヤリスとフィットにはコンベンショナルなガソリンエンジンとハイブリッドが設定される

 一方、フィットハイブリッドは郊外セクションで前回に肉薄する28.0km/Lをマークし、全コース平均でも23.2km/Lと健闘。

 瞬間風速ではなく、実用燃費でいい結果を出すタイプのようだ。

 それを象徴するのが、渋滞のひどかった市街地セクションの結果だ。前回テスト比でヤリスは20%ダウンしたが、フィットは13.3%の低下にとどめている。長期的な実用燃費では、カタログ値ほどの差はないかもしれない。

 新たに参戦したノートe-POWERは、WLTCカタログ燃費ではフィットを上回る28.4km/Lだが、実燃費ではすべてのセクションでそれを下回った。

 セクション別に見ると、やはり高速で燃費が伸びないのが弱点。郊外路セクションではフィットとの差は6%なのに、高速セクションではそれが11%に広がる。

スイフトマイルドハイブリッドは実測燃費17.7km/Lだったが、車両価格は20万~30万円安く、また車体も軽く、走りは軽快だ

 e-POWERはエンジン直結モードを持たない純粋シリーズハイブリッドだから、原理的に高速セクションは不利。エンジンやインバーターの改良で旧型より改善されてはいるが、今後の課題として残る部分だと思う。

 今回初テストとなったスイフトのストロングハイブリッドモデルは、高速セクションで健闘したものの全般的にやや物足りない成績に終わった。

 このハイブリッドは5速AMTとモーターを組み合わせたスズキ独自のメカニズムだが、ドライバビリティや燃費が期待値に届いていない。

 もう一台持っていったスイフトのマイルドハイブリッド仕様と比較すれば、確かに全セクションでそれを上回ってはいるのだが、20万円の価格差を考えると「マイルドハイブリッドでいいや」になる可能性が大。

 ソリオはモデルチェンジでストロングハイブリッドがカタログから落ちたが、スイフトも同じ運命をたどるのかもしれませんね。

コンパクトカー燃費テスト結果

(TEXT/鈴木直也)

次ページは : ■TEST02 コンパクトカーはユーティリティが重要だ!

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ