ミツオカ・バディを徹底試乗! 納期2年待ちは伊達じゃなかった!

ミツオカ・バディを徹底試乗! 納期2年待ちは伊達じゃなかった!

 光岡自動車が2020年11月26日に発表し、先行予約を受け付けていた、RAV4ベースのSUV、Buddy(バディ)が2021年6月24日からいよいよ発売される。

 ミツオカ・バディはティザーキャンペーン公開直後から反響が大きく、予約が殺到。なんと、2021年に50台、2022年に150台という予定だったバディの生産台数は、たった2日で売り切ってしまった。

 その人気を受けて生産計画を変更し、2021年130台、2022年以降は300台とした。現在の総受注台数は560台ほどになるという。2021年6月初旬に注文すると納車はいつになるのか、恐る恐る聞いてみると「今注文いただくと、2023年6月~9月頃をご案内しています」。え~、ということは2年以上待つということ。

 さて、そのバディのメディア向けの広報車が用意され、貸し出しが始まったので、さっそくお借りし、モータージャーナリストの清水草一氏が試乗!

 なぜ、ここまでミツオカ・バディが大人気となったのか? その秘密を探る!

文/清水草一
写真/光岡自動車 ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】本項で載せきれなかったバディの画像も大公開!


■納車2年待ちのバディにようやく乗ることができた!

1990年代のシボレー・サバーバンやブレイザーに近い雰囲気、見た目はアメリカンSUVそのものだ
1990年代のシボレー・サバーバンやブレイザーに近い雰囲気、見た目はアメリカンSUVそのものだ

 納車2年待ちの光岡バディにようやく試乗することができた。2年待ちと聞くとそれだけでありがたみは10倍増。ありがたく乗らせていただきました。

 光岡バディは、トヨタRAV4をベースに、1970~1980年代のヴィンテージ・アメリカンSUVをモチーフとして作られたクルマである。

どうです、このシボレー顔。最近流行のオラオラ顔のアルファードにも負けていない!?
どうです、このシボレー顔。最近流行のオラオラ顔のアルファードにも負けていない!?
写真をアップにしてもさすがミツオカさん、実によくできている
写真をアップにしてもさすがミツオカさん、実によくできている

 最大のウリはフロントマスク。RAV4とはまるで別の、ちょっと昔のアメリカンSUV風のデザインになっている。正確には1970~1980年代ではなく、1990年代のシボレー・サバーバンやブレイザーに最も近いグリル周りだが、そんな細かいことはどうでもいい。このクルマは、「なんとなくヴィンテージ・アメリカン」な雰囲気が感じられれば、それで十分なのだから。

 お尻も、RAV4とはかなり異なり、まずテールランプがテールフィンの名残を感じさせる縦型になっている。そして、RAV4ではナンバープレートがついている部分に、バディはウッド調パネルがあしらわれ、バンパーもメッキになっている。

 一方、サイドから見たバディは、RAV4そのものにかなり近い。フロント部の加飾はフロントフェンダー上から前で、リア部はリアフェンダー後部から後ろ。つまりサイドはほぼRAV4なのだ。

ウッドパネル調パネルやメッキバンパーが特徴。取材車のボディカラーはグローブワンホワイトパール(特別塗装色:8万8000円)
ウッドパネル調パネルやメッキバンパーが特徴。取材車のボディカラーはグローブワンホワイトパール(特別塗装色:8万8000円)
ボディサイドから見るとRAV4ベースであることがよくわかる。サイドのメッキモールはメーカーオプション
ボディサイドから見るとRAV4ベースであることがよくわかる。サイドのメッキモールはメーカーオプション
RAV4からの改造箇所一覧
RAV4からの改造箇所一覧
ガソリン車が469万7000円~549万4500円、ハイブリッド車が525万300~589万9300円。それぞれ2WDと4WDを用意する
ガソリン車が469万7000円~549万4500円、ハイブリッド車が525万300~589万9300円。それぞれ2WDと4WDを用意する

 試乗車は2LガソリンFFの20ST。価格は469万7000円。このほか、20DXや20LXに加え、ハイブリッドのFF、E-FOURなど7モデル(469万7000円)が用意されている。

 ただ試乗車には、メーカーオプションのオールテレインタイヤ(225/70R16)&ディーンクロスカントリー製のアルミホイールのセット(26万4000円)が奢られていたので、サイドビューからも、ライトなアメリカンテイストが感じられた。この「ライトなアメリカンテイスト」こそ、バディのキモだ。

次ページは : ■ガタピシといったボディが軋む音はなく、不安感はまったくなし!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します