さらば超名門車オデッセイ!!  2021年内3車種販売終了でホンダ大改革の行方


 ホンダはグローバル生産体制の見直しにあたり、国内の主要工場のひとつである狭山工場の閉鎖を決定。これにともない、同工場で生産するオデッセイ、レジェンド、クラリティ、この3車種を、2021年いっぱいで生産終了することを国内販売店に通知した。当編集部では、この情報の整理と今後の見通しを取材した。

文/ベストカーWeb編集部 写真/HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】 さよならオデッセイ…いいクルマでした……年内生産終了のオデッセイの雄姿を画像でチェック

■なななんと…2021年3月には国内販売店に生産終了を通知済

 大変迂闊だった。もっと早く知ることができた情報でした。この点、今回のニュース報道が遅れたことを読者の皆さまへ謝罪したい。

 ホンダが狭山工場の閉鎖と、それにともなう販売車種の整理(ここでは2021年内いっぱいでのオデッセイ、レジェンド、クラリティの販売終了を指す)を各ディーラーへ伝えたのは2021年3月。この時点でホンダ本社は「生産調整のため、見込み顧客への声掛けと、新規セールスのさいの通達」を各販売店へ連絡していた。

 いまから3か月も前に全国のホンダディーラーへ通知されていた情報であり、そのことを本日までキャッチできなかったのは当編集部の取材力不足です。すみません。

ほんの半年前、2020年11月にマイナーチェンジでフロントマスクを大幅変更したばかりのオデッセイ。まさかこれが最後のマイチェンになるとは…

 そのうえで、現行型オデッセイは2020年11月に大幅マイナーチェンジを実施したばかりであり、驚きが大きい。新型オデッセイはフロントマスクの改良(より「いかつい顔」に変更)や先進安全運転支援システム「Honda SENSING」に後方誤発進抑制機能を追加するなど、ライバルであるアルファード/ヴェルファイアに一矢報いるべく、これから販売攻勢をかけることが期待されていた。

 さらにホンダの最高級車レジェンドにいたっては、今年(2021年)3月に一部改良を実施。世界初の公道走行可能な自動運転技術レベル3「Honda SENSING Elite」を搭載している。レジェンドの生産終了にともない、この技術もほかのモデルに拡張していく展開は(すくなくとも当面のあいだは)なくなった。

こちらはなんと今年(2021年)3月に一部改良したばかりのレジェンド。世界初の公道走行可能なレベル3技術の行方はどうなるのか…

 もちろん技術レベルの頂点である「Honda SENSING Elite」が進化することは、裾野である(軽自動車にも搭載されている)「Honda SENSING」技術全体の底上げにもつながる。それは理屈としてわかるのだが…。

 オデッセイとレジェンド、どちらも登場時に開発者や営業担当者から「これで国内販売の挽回を」という熱い声を伺い、それをそのまま紹介しておりました。そうかあ……決定事項の規模から考えると、この頃にはもう終了は決まっていたのだろうなあ…(遠い目)。

初代オデッセイといえば、1994年に登場して「ミニバン」というジャンルが大ヒットするキッカケとなったモデル。当時を知るクルマ好きにとっては、オデッセイというブランドが国内から消えることに特別な思いがあるだろう

 さておき。

 2016年に燃料電池搭載専用車として登場し、2018年にはPHEV車となったクラリティは、まだ「実験的先進技術搭載車両」ということで、生産終了にともなうホンダのイメージの変わり具合は少ないだろう。

クラリティといえば、ひとつのプラットフォームでFCV、EV、PHEVと3種類の駆動システムを持つ世界初のモデル。こういうややマニアックな「世界初」こそホンダらしさだったのだが…

 しかしオデッセイ、レジェンドといえば80年代、90年代のホンダを代表する、一時代を作った「顔」ともいえる車種。そうした代表車がそろって生産終了となるということは、ホンダの国内市場に対する考え方が変わるということであり、それについては冷静にお伝えしたい。

 なお冒頭でもお伝えしたとおり、生産終了は2021年いっぱいを予定しており、現時点ではオデッセイもレジェンドもクラリティも、ホンダ各販売店で購入可能です(現行型についていえば最後のチャンスということ)。

【画像ギャラリー】 さよならオデッセイ…いいクルマでした……年内生産終了のオデッセイの雄姿を画像でチェック

■ホンダはもうすでに8割が軽と小型車

 国内販売事情に詳しい自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏によると、今回の3車種年内販売終了について、「いきなりで意外ではあるけども、あり得ない話ではないな、と」とのこと。

「2020年度のホンダの車種別国内販売比率を見ると、N-BOXを中心とした軽自動車が(ホンダの国内全販売台数の)54%を占めます。ここにフィットとフリード、ヴェゼルを入れると80%以上になる。つまり、日本国内に限って見れば、ホンダは軽自動車+小型車メーカーなわけです。」

2021年5月末時点で、累計販売台数200万台を突破したN-BOXシリーズ。実質的に(軽なので当たり前だが)国内だけでこの数字は驚異的で、国民的ヒット車といえる。そしてこのモデルが売れすぎていることが、ホンダの国内販売戦略に大きな影響を与えている

 つまり、ホンダはかつてのスズキのようなメーカーだということか。

 先ごろ発表発売された新型ヴェゼル(2021年4月)は鈴鹿製作所での生産で、軽自動車であるN-BOXと混流ラインとなる。フィットも同製作所での組み立てなので、ヴェゼルがここで生産するのは、分からなくもないが、やや違和感もある。狭山工場が閉鎖になるというのであれば、この措置、差配に一気に納得できる。

 そのうえで、狭山工場の生産車種となると、もうひとつ気になる車種がある。こちらもかつてのホンダの「顔」といえるモデル、ステップワゴンだ。

2021年いっぱいで閉鎖される狭山工場といえばステップワゴンの生産工場でもある。まさかステップワゴンも…??

 今回ホンダに「まさかステップワゴンも生産終了…ということはないですよね?」と問い合わせると、「今回、販売店に生産終了を告げた車種リストには、ステップワゴンは入っていません」とのこと。では狭山工場閉鎖後の2022年以降、ステップワゴンがどうなるかについては「コメントできません」とのことだった。

 前述の渡辺氏によると、

「今後、国内市場では実質的にヴェゼルがホンダの最上級車になる。ファミリー層向けにはフリードをあてるのだろう。ダウンサイザーにはフィット、全年齢層向けにはN-BOXで充分ということ。ただステップワゴンに関しては、国内に多くの既納ユーザーがいる。いきなり販売終了とは考えづらい。順当にいけば生産は寄居工場へ移管する、ということだろうけども、とはいえ先のことはまったくわからない」

 とのことだった。

 名門オデッセイ、レジェンドの(年内いっぱいでの)生産終了のニュースも仰天だったが、もしかするとこれは、ホンダの大改革のまだスタートラインなのかもしれない。

【画像ギャラリー】 さよならオデッセイ…いいクルマでした……年内生産終了のオデッセイの雄姿を画像でチェック