スープラ、RAV4復活へ!! 2018〜2019年トヨタ新車発売全情報


国内新型登録車販売シェア実に55.8%(軽を含めると30.7%/いずれも2017年)を誇るトヨタ自動車。そのトヨタがこの6月、クラウン、カローラスポーツ、センチュリーと新車を3台も一気に発売した。

さすがにそれで一息つくかといえばさにあらず。2018年下半期〜2019年末にかけて、さらに強力な新型車を多数用意しているという。

以下、本誌がつかんだトヨタの新型車情報を一気にお届けしたい。
文:ベストカー編集部
ベストカー2018年7月10日号「夏のBCモーターショー トヨタ館」より


■シエンタ マイチェン 2018年7月登場

トヨタ新型シエンタ(本誌予想CG)
トヨタ新型シエンタ(本誌予想CG)

現行型シエンタの登場は2015年7月に登場し、丸3年が経過する今年7月、初のビッグマイチェンを実施する。

エクステリアは上記のとおりで、ヘッドライトやフロントグリルデザインが大幅に変更されることで外観の印象は大きく変わる。ヘッドライトはLEDタイプが標準装備となり、ウィンカーは人気の流れるタイプ、シーケンシャルウィンカーが採用されることとなる。

パワートレーンの基本は1.5Lハイブリッドと1.5Lガソリンエンジンで変更はないが、細部のブラッシュアップにより熱効率を高めるとともに、ハイブリッド制御もロス低減など効率を高めることで燃費を引き上げてくる。ハイブリッドのJC08モード燃費は現行型の27.2㎞/Lから28.2㎞/Lまで引き上げられることとなる。

さらに注目なのが安全装備の充実。現行型ではトヨタセーフティセンスPが搭載されているが、今回のマイチェンで最新スペックのトヨタセーフティセンス全社標準装備へと進化。夜間の歩行者検知機能や自転車にも対応したプリクラッシュセーフティ、ACC、レーンキープアシストなどその内容は上級モデルなみとなる。

■C-HR GR 追加 2018年10月登場

トヨタC-HR GR(
トヨタC-HR GR(本誌予想CG)

大人気SUV、C-HRに今年10月、GRモデルが追加される計画がある。エクステリアはGR共通デザインを踏襲し、ボディ補強、サスペンションチューンなどで操安性能をさらに引き上げる。

現在国産SUVでナンバーワンの売り上げを誇るC-HR。GRの追加でさらに販売を伸ばす狙いがある。

次ページは : ■スープラ 新型 2019年3月登場