【タント、レクサス、XV…】必ず出る!! 期待大の2018年下半期新車スケジュール


2018年も(早くも!)折返し地点を超え、7月でさえ後半戦となってまいりました。そんななか、今年の下半期にデビューする新車の情報もだんだんと明らかになってきています。

そこで本企画では、ベストカー本誌の遠藤徹氏とスクープ取材が総力を挙げて取材した、新車スクープ情報をお届けします!

文:ベストカーWeb編集部


■【8月】あの都市型SUV元祖が復活

●ホンダ新型CR-V

今回で5代目となる新型CR-Vですが、先代CR-Vは2016年3月で日本での販売はいったん終了。この5代目で復活することになる。

ボディサイズは旧型よりひと回り大きくなった全長4597×全幅1854×全高1679mm。この5代目CR-Vはデザイン、プラットフォーム、パワートレインなどすべてを刷新。パワートレインは、1.5L直4ターボのほか、CR-Vでは初となる2Lハイブリッドシステム、「SPORTS HYBRID i-MMD」を搭載した2Lハイブリッドも用意されている。

またホンダの先進安全技術「ホンダ・センシング」は全車標準装備。ガソリン車、ハイブリッド車ともにFFと4WDを設定、ガソリン車には新たに3列シート7人乗り仕様もラインアップする。価格は323万280〜403万560円。

今年8月30日に発表される新型CR-V。11月1日にはハイブリッドが追加される
今年8月30日に発表される新型CR-V。11月1日にはハイブリッドが追加される

■【10月】超ハイトワゴンの大本命登場

●ダイハツ新型タント

昨年、N-BOXやスペーシアがフルモデルチェンジしたが、軽スーパーハイトワゴンの本命ともいうべきタントも今年10月にフルモデルチェンジする。

新型タントはトヨタの新プラットフォーム、「TNGA」のダイハツ版となる「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」を採用し、軽量&高剛性ボディ化はもちろん、走りの面でも強化されているという。

Bピラー内蔵型スライドドアは新型でも継承され、室内スペースはN-BOXやスペーシアを上回る室内空間を実現しつつ、助手席チップアップドアや室内ウォークスルーなどの快適装備を満載、安全装備もステレオカメラを採用したスマートアシスト3が進化して装備される。大ヒットは間違いなし!

軽スーパーハイトワゴンの大ヒットモデル、新型タントが今年10月にデビュー予定。DNGAを手に入れ走りも相当よくなっているはず!
軽スーパーハイトワゴンの大ヒットモデル、新型タントが今年10月にデビュー予定。DNGAを手に入れ走りも相当よくなっているはず!(画像は本誌予想CG)

■スバルXV e-BOXER

6月20日に発表された新型フォレスターに搭載されているマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」がXVにも追加される。

145ps/19・2kgmを発生するFB20型2L直噴エンジンに、13.6ps/6.6kgmのモーターアシストを組み合わせる。

バッテリーはリチウムイオン電池、走行性能を切り替えられるSI-DRIVEや2モード切り替え式となったX-MODEによって、滑らかなモーター加速、回生時の自然なブレーキフィール、軽快な走りが味わえる。価格は2Lモデルの約20万〜30万円アップの300万円前後になりそうだ。

フォレスターe-BOXERに搭載されている2Lマイルドハイブリッドのe-BOXERがXVにも追加される。XV PHVは当面、北米市場のみの予定
フォレスターe-BOXERに搭載されている2Lマイルドハイブリッドのe-BOXERがXVにも追加される。XV PHVは当面、北米市場のみ

次ページは : ■【11月】レクサスのライトSUVが満を持して登場