新型エクストレイルが来春に? トヨタディーゼルHV開発に着手? 国内メーカー最新動向


 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、トヨタがディーゼルハイブリッドの開発に着手か、という話題から。

 次いで、次期エクストレイルが今秋から来春登場へと延期? ホンダ次期ステップワゴンは2022年4月? マツダ2022年の新型車情報が見えてきた! 軽自動車の電動化の行方は? …などなど、新型車の動向を中心に国内メーカーの最新情報を大放出!

※本稿は2021年7月のものです
文/遠藤 徹 写真・予想CG/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年8月10日号(『遠藤徹の地獄耳スクープ』)

【画像ギャラリー】新型車、新開発、残価クレジット…最新トピックをギャラリーでクイックチェック!!!


■トヨタ、ディーゼルハイブリッドの開発に着手!?

 トヨタは2030年代に向けて早急にハイブリッド搭載車を拡大、100%内燃機関車を可能な限り最小化ないしは廃止する方針です。

 現在、ハイブリッド未搭載の乗用車はランドクルーザー、ランドクルーザープラド、ハイエースワゴン、グランエースなどですが、いずれも近い将来に3.5Lないし2.5Lのハイブリッドで対応する方向で開発を進めているようです。

 2023年夏に世代交代する見通しのランドクルーザープラドは2024年に2.5Lハイブリッドを設定する方向だと思われます。

 またクリーンディーゼルもハイブリッド化の方向で開発に着手している模様です。こちらはオフロード4WD車や商用車ベースモデルに搭載することになりそうです。

 これによって国内で販売している乗用車系モデルはすべてハイブリッドが設定され、その後順次バン、小型トラックなどの商用車モデルのハイブリッド車設定となりそうです。

トヨタディーゼルHV開発に着手? エクストレイル来春!? マツダの「次」も見えてきた!!! 国内メーカー最新動向をチェック!
ランクルプラドにもハイブリッドが搭載される?

■日産、次期型エクストレイルの発売は来春に先送り???

 日産は今年9月にも予定していたエクストレイルのフルモデルチェンジを来年春以降に延期する見通しです。

 半導体部品の供給遅れでノートオーラやアリアが9~10月に先送りになり、次期型エクストレイルも計画どおりの発売が難しくなっているようです。

 次期型エクストレイルは三菱自動車が年末にもフルモデルチェンジする次期型アウトランダーとボディパネルや基本コンポーネントを共用する姉妹車仕立てとなります。

 パワーユニットはPHEV以外は別個で、従来モデルは2LガソリンNA、2Lハイブリッドでしたが、新型は2Lマイルドハイブリッド、1.2L e-POWERを搭載する方向で開発を進めています。

トヨタディーゼルHV開発に着手? エクストレイル来春!? マツダの「次」も見えてきた!!! 国内メーカー最新動向をチェック!
新型エクストレイル登場延期情報。これが本当なら日産の国内戦略にとっても痛手となるはず

次ページは : ■ホンダ、次期型ステップワゴンは2022年4月に投入か?