アウディクーペSUV第3弾となるQ5スポーツバックが登場!


 アウディのミドルサイズSUV「Q5」に、クーペSUVとなる「Q5スポーツバック」が設定された。スタイリッシュなデザインを採用しながらも、ベースとなるQ5とほぼ同等の実用性を備えているのも大きな魅力だ。

 アウディのモデルラインのなかでも販売が好調で、車種拡大が進められるクーペSUVの最新作となる同車の仕様と特徴についてお伝えしよう!

文/大音 安弘  写真/アウディ・ジャパン

【画像ギャラリー】アウディクーペSUV第3弾となるQ5スポーツバックの特徴


■新たなクーペSUVはミッドサイズのQ5に

 アウディジャパンは、2021年8月17日より、新型ミドルサイズクーペSUV「アウディQ5スポーツバック」を発売した。価格は729万円~967万円となる。

 5ドアハッチバックと4ドアクーペで構成され、充実のラインアップを誇る「スポーツバック」シリーズを持つアウディだが、SUVに関しては、2020年に導入されたEV「e-tronスポーツバック」が第一弾となる。その後、コンパクトSUV「Q3スポーツバック」を投入し、今回のQ5スポーツバックが第3弾となる。

ミドルサイズSUVのアウディQ5をクーペに仕立てたQ5スポーツバックが新導入された

■流麗なスタイルながら、実用性はQ5同等を維持

 Q5スポーツバックは、クーペライクなスタイリングが売り。まさにQ5のスペシャルティカーともいえる存在だ。

 ボディサイズは、全長4695mm×全幅1900mm×全高1665mmだが、Q5と比較し、全長+15mm、全高-5mm、全幅とホイールベースは同等。このため、取り回しや使い勝手も変わらないように仕上げられている。

 懸念されるリアの居住性もほぼ同等で、さらにラゲッジスペースもQ5に対して標準時で-10Lの510Lを確保。後席を畳んだ最大時でも-40Lの1480Lと、クーペルックでありながら、高い積載性を誇る。

つまりデザインで選んでもオーナーに実用性の不満がでない作り込みがされているのだ。

ミドルクラスSUVだけあって、後席スペースやラゲッジスペースの容量もしっかりと確保されている

次ページは : ■主力エンジンをディーゼルMHVに

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ