アウディ渾身のピュアEV襲来!!! チョイ悪クーペSUV e-tron スポーツバック登場 その実力は??

 2020年9月、アウディのピュアEV「e-tronスポーツバック」が日本に初上陸を果たした。箱根での試乗会の様子からそのインプレッションをお届けする。

【画像ギャラリー】アウディのピュアEV日本初上陸! e-tron スポーツバック55 1st editionをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年10月のものです
文/ベストカー編集部、写真/Audi、ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』 2020年11月10日号


■第一印象は「うわ、デカッ!」

 思っていたより大きかったな、というのが第一印象のアウディe-tronスポーツバック。

 全長4900mm、全幅1935mmというのだから、ハリアークラスよりもせいぜいプラス3%ほどの大さなんだけど、けっこう大きく見える。サイズ的にはポルシェカイエンクーペに近い、いわゆるクーペSUVだ。

全長4900mm、全幅1935mm、全高1615mmというボディサイズはかなりのボリューム感がある。タイヤは265/45R21というビッグサイズ。

「e-tron」の名が示すように、アウディが2025年に向けて販売台数の4割を電動車にするという目標達成のために積極的に推進する電動化の嚆矢(こうし)となるモデルだ。

 搭載するバッテリーは95‌kWhの大容量で、前後2つのモーターで300kW(約407.6ps)、664Nm(約66.7kgm)を発揮する。

ピュアEVだから、当然、後部に排気管はない。床下は空力を考慮しフラットパネルで覆われている。Cd値は0.25だ

 そういえばこのパワートレーンのスペック、日産が来年発売を予定するアリアに近い。e-tronの1充電航続距離はWLTCモードで405km。

 50kWの急速充電30分で、おおよそ117km走行分の電力が得られる。

フロントフード内には充電機器や制御ユニットなどが搭載されている。フロントフェンダー右側には普通充電口が、左側には急速充電口がある。カバーは電動開閉する

 インパネデザインは液晶グラフィック表示のメーターパネルや、タッチパネル式のセンターパネルなど、最近のアウディ車に共通したテイストで、EVだからといって操作性の違和感などはない。

液晶パネルのメーターや、タッチパネル式のセンターパネルなど、コックピットの基本レイアウトは他のアウディ車と同じだから、乗り換えても違和感はない。→
→後席は頭上スペースも余裕だ

■クオリティー高! その動力性能、不満なし!!!

 パドルシフトは回生ブレーキの効き具合を3段階に設定できる。最も弱い設定にすると、ほぼ空走するようにスーッと転がっていく。

 流れのいい高速道路を巡行するようなときはこれがいい。

 一方、最強回生に設定すると、アクセルペダルを離した瞬間、グググググと車速が落ちる。

 箱根の下り坂でも減速するほどで、一般的なATなら2速ホールドの感覚。平坦な市街地だったら“ほぼ”ワンペダルドライブができてしまう。

動き出しのよさは低回転から強大なトルクを発生させられるモーターならでは。2560kgある重量を感じさせない

 0.3Gまでは回生ブレーキでまかなえるということで、通常の走行だったらメカブレーキはほとんど使わないだろう。

 車重は2560kgもあるのだが、約700kgのバッテリーが前後アクスル間のフロア下に配置されているため、走っていて重量感を感じることはなく、思いのほかに軽快なフットワークで箱根のタイトな山道もキビキビ走った。

走りの印象は一言で言えば「強烈!」。箱根の山道をストレスなく走り抜けることができた

 664Nmのトルクはパンチがあって動力性能に不満などあるはずもない。

 価格は今回試乗した「スポーツバック55クアトロ1st.エディション」で1346万円。「Q7」にプラス300万円をどうとらえるか!? だね。

アウディe-tronスポーツバック55クアトロ
・全長×全幅×全高:4900×1935×1615mm
・ホイールベース:2930mm
・車両重量:2560kg
・最小回転半径:5.7m
・最低地上高:190mm
・モーター出力:300kW(407.6ps)
・モータートルク:664Nm(66.7kgm)
・バッテリー:リチウムイオン
・総電力量:95kWh
・総電圧:397V
・航続距離(WLTCモード):405km
・サスペンション(前/後):ウイッシュボーン式/ウイッシュボーン式
・タイヤサイズ:265/45R21
・価格:1346万円

【画像ギャラリー】アウディのピュアEV日本初上陸! e-tron スポーツバック55 1st editionをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ