レクサス製SUV軍団の中心車種 新型NXついに発表!! これは…売れるわ……


 トヨタ(レクサス)は2021年10月7日、新型(2代目)レクサスNXを正式発表、同年11月から発売(納車開始ということ)する。レクサスNXは今年6月に一足早くデザインと車両概要を公開しており、今回、満を持しての正式発表となる。中身を見ると、やや高額ではあるものの「レクサスが今後の新型車でやること全部載せ」という豪華な内容。以下、今回の発表内容を整理してお伝えします。

文/ベストカーWeb
写真/LEXUS

【画像ギャラリー】レクサスSUV新時代のトップバッター 売れまくり新型NX画像(18枚)(18枚)画像ギャラリー

■新型NXはユーザーに合わせて6種類から選べる

 現在レクサスには、大きいほうから「LX」、「RX」、「NX」、「UX」と4種類のSUVがラインアップされており、それぞれ(高額なLXを除いて)月販約5000台程度を売り上げるヒット車となっている。

 今回初めてのフルモデルチェンジを迎えるNXは2014年7月に初代が登場。世界的なSUVブームを背景に売上を伸ばしていたが、この2021年10月に2代目へと切り替わることになった。

NX450h+

 新型NXは「次世代LEXUSの幕開けを象徴する第1弾モデル」と銘打たれ、デザインもパワートレインも装備も「今後レクサスはこの方向へ進む」という、指針的なモデルとなっている。注目点はいろいろあるが、最大のポイントは(レクサス初のプラグインハイブリッド車を含む)多彩なパワートレインだろう。

 新型NXにはなんと6種類のパワートレインが用意され、以下のようにユーザーの好みや必要性に応じて選ぶことができる。

NX450h+ リア

◆2.5Lガソリン+モーターのPHEV E-Four(「A25A-FXS」エンジン+THSII Plug-in+リヤモーター)
 LEXUS初のPHEVは、AWD(E-Four)の前後駆動力を100:0から20:80の間で最適にコントロール。大容量リチウムイオンバッテリーを床下に配置して低重心化も図り、安定した質感のある走りを実現。

 (なおトヨタはこれまで「プラグインハイブリッド仕様」のことを「PHV」と呼んでいたが(例/RAV4 PHV)、この新型NXでは「PHEV」と呼んでいる。宗旨替えしたのか、レクサスのみの呼称なのかは、現時点でははっきりしていない)

NX350h

◆2.5Lガソリン+モーターのハイブリッド E-Four(「A25A-FXS」エンジン+THSII+リヤモーター)
◆2.5Lガソリン+モーターのハイブリッド FF(「A25A-FXS」エンジン+THSII)
 「HEV」(ハイブリッド)も、高効率な2.5L直4エンジンと高出力モーターを組み合わせつつ、専用の制御ロジックにより、優れた加速性能と低燃費を高次元で両立。E-Fourは、前後駆動力配分を100:0から20:80で最適にコントロール。また、FFも導入することで多様化するユーザーのニーズに配慮。

NX350

◆2.4L-T(純ガソリン仕様のターボ)AWD(「T24A-FTS」エンジン+Direct Shift-8AT+電子制御フルタイムAWD)
 新開発の2.4L直4ターボエンジンと新開発の高トルク対応型Direct Shift-8AT、新開発の電子制御フルタイムAWDを採用。エンジンはTNGAの高速燃焼システムに加え、LEXUS初のセンター直噴システムやターボと触媒の近接配置等により、年々厳しくなる世界各地の排気・燃費規制への対応を図りつつ、カーボンニュートラルを意識した取り組みを実施。

 トランスミッションは、低回転から高トルクを発生できる過給エンジンの特長に合わせて最適化した、新開発のシフト制御技術、最適なシフトスケジュールによってドライバーの意図に忠実で気持ちの良い加減速を実現。また、電子制御フルタイムAWDは、前後駆動力配分を75:25から50:50の間でシーンに応じて最適にコントロールし、高い接地感とリニアなステアリングフィールを独自の技術で両立。

NX250 リア

◆2.5L(純ガソリン仕様NA) AWD(「A25A-FKS」エンジン+Direct Shift-8AT+電子制御スタンバイAWD)
◆2.5L(純ガソリン仕様NA) FF(「A25A-FKS」エンジン+Direct Shift-8AT)
 高効率な2.5L直4エンジンとDirect Shift-8ATを採用。2.4Lターボエンジンと同じ独自の制御技術と最適化したファイナルギア比にて十分な駆動力と、シーンに応じた最適でリズミカルなシフトスケジュールによる走りの気持ち良さを両立。AWDは、前後駆動力配分を100:0から50:50の間で最適にコントロール。すべりやすい路面におけると走行安定性と低燃費の両立に寄与します。また多様化するお客様のニーズにお応えすべく、AWD以外にもFFのモデルも導入。

■高級車に欲しい便利で快適な機能がすべて盛り込まれている

 新型NXは電子デバイスをフル活用した快適装備も大きな進化ポイントのひとつ。大型化/高解像度化した14インチ/9.8インチタッチワイドディスプレイは圧巻の大きさで、しかも大きいほうの画面(14インチ)ではインターネット接続により、Webサイト(ニュースやブログ、ストリーミング音楽、YouTube動画など)を閲覧することができるWebブラウザー機能を新設定。

インターネット接続することで、Webサイトを閲覧することができる

 また自身のスマホに専用アプリをインストールすることで、デジタルキー機能やリモート機能付き高度運転支援技術「アドバンストパーク」(車外からスマホ操作で車庫入れできるようになる)が可能となったり、e-ラッチ機能(開錠だけでなく、センサーを埋め込んで電子化することにより、タッチすることでドアを開閉することができる)に「安心降車アシスト(ドアオープン制御付)」(後方から自転車などが近づいてきたことをセンサーが感知したらドアが開かないよう制御する機能)を世界初採用している。

スマホの専用アプリで車外から車庫入れも可能

 こうした今後のレクサス車…というより高級車に「付いていてほしいな」といった便利機能、快適機能がすべて盛り込まれているのが新型NXの特徴となる。

 なお価格は以下のとおり。高い。近いサイズであるハリアーより約150万~200万円ほど高いし、PHEV仕様にいたってはランクル300が買える値段ではある。それでも装備やデザイン、使い勝手の高さを考えるとめちゃくちゃ売れそうだし、今後のレクサスの中心的販売車種になることがわかる。

NX350h

●NX450h+(プラグインハイブリッド)
“version L”  7,140,000円
“F SPORT” 7,380,000円

●NX350h(ハイブリッド)
“version L” 2WD(FF) 6,080,000円/AWD 6,350,000円
“F SPORT” 2WD(FF) 6,080,000円/AWD 6,350,000円
標準仕様 2WD(FF) 5,200,000円/AWD 5,470,000円

●NX350(純ガソリン仕様)
“F SPORT” 5,990,000円

●NX250(純ガソリン仕様)
“version L”  2WD(FF) 5,430,000円/AWD 5,700,000円
標準仕様 2WD(FF) 4,550,000円/AWD 5,470,000円

【画像ギャラリー】レクサスSUV新時代のトップバッター 売れまくり新型NX画像(18枚)(18枚)画像ギャラリー