新型メルセデス・ベンツCクラス試乗 令和の時代の「ベンツらしさ」とは?


 新型Cクラスにおける、令和時代の「メルセデス・ベンツらしさ」はどこかといえば、ズバリ、蓄積された技術と新技術の融合です。取材日は雨に濃霧と厳しい環境でしたが、数々の技術に裏付けされた走行性能が実感できました。

 具体的には、次の3点が新型Cクラスのハイライトだと歴代Cクラス(W202、W203、S204前期/後期の計4台)のオーナーである筆者は考えます。

文/西村直人
写真/メルセデス・ベンツ日本(※メルセデス・ベンツCクラスは2021年6月に現行型(5代目/W206型)へとフルモデルチェンジを実施。今回はその公道試乗会のもようをレポート)

【画像ギャラリー】令和の「メルセデス・ベンツ新型Cクラス」を画像でチェック(17枚)画像ギャラリー

■ミニSクラスを思わせる外観デザイン

 新型Cクラスでは、どこから見てもメルセデス・ベンツとわかる外観を踏襲しました。ご存知のように、過去から現在に至るまでメルセデス・ベンツのS、E、Cクラスは“後輪駆動シリーズセダン”としてプラットフォームの基礎部分やパワートレーン、そして先進安全技術を全面/部分的に共有しています。

 さらにSクラスやCクラスでは外観デザインのイメージを共有させ、片やEクラスでは大胆なデザインエッセンス(W210やW211の丸形2灯ヘッドライトなど)を取り入れ差別化を図ってきました。

新型Cクラスはどこから見てもメルセデス・ベンツとわかる外観を踏襲

 新型Cクラスもそのセオリーを踏襲。Sクラスと相似形に見せつつも、サイズに応じてグリルの開口面積を最適化したり、ボディパネルの抑揚を調整しつつ、リヤコンビネーションランプの縦横比率も変更しています。ボディサイズが違うのだから変えるのは当然ですが、比率を変えずに単に小さくしてもデザインは崩れてしまいます。

 こうしたデザイン/比率変更は企業のアイコンとされるCI(Corporate Identity)では一般的な手法です。筆者は長年、CIの制作に携わってきましたが、ボディサイズの大きなSクラスのおおらかさにも似た安心感を、より小さなCクラスでも想像させるデザイン力はさすがの一言です。

 個人的に今回のCクラスは、1993年に国内に導入されたCクラス(W202)と、当時のSクラス(1991年国内導入/W140)の関係に近いなと感じました。

 競合車であるBMW3シリーズと7シリーズ、アウディA4とA8とにも同じような計算された相似形の美しさを感じます。その点、レクサスISと同LSではそれぞれが独自路線を強めて個性を主張。ここは、欧州文化と日本文化の違いとも受け取れます。

■運転操作に徹するための内装設計

 車内では、走行中の操作を第一に考えた縦型11.9インチの「メディアディスプレイ」(静電タッチ方式)の存在が大きく、ここでもSクラスとの共通項が見て取れます。

 Sクラスの画面サイズは12.8インチと一回り大型ですが、新型Cクラスでは運転席側に6度傾けることで11.9インチながら操作性を高めました。数値の上ではわずかな角度ですが効果は大きく、走行中に身体へと伝わりやすい上下動のなかでも一発で目的の画面位置にタッチできます。

新型Cクラスのインパネデザインでまず気になるのはやはり縦型11.9インチの「メディアディスプレイ」(静電タッチ方式)。使い勝手は上々

 BMW3シリーズ、A4、ISともに静電タッチ方式を用いながら物理スイッチやコマンド形式のコントロール機能も併用します。センターコンソール下部に配置された物理スイッチは、S204(2世代前のCクラス・ステーションワゴンで筆者の現愛車)の「COMANDコントローラー」の操作に慣れた筆者にとっても親近感を覚えます。

 しかしながらこの先、一般的になるであろうOTA(Over The Air/無線通信)経由による機能アップデートを考慮すると、メルセデス・ベンツが拡大採用を行なう静電タッチ方式による縦型画面は英断といえます。

 残る物理スイッチは、ステアリング左右の操作スイッチです。正確には押しボタン式ではなくこちらも静電タッチ方式です。

 試乗モデルは異形ステアリングで、スイッチはその左右に機能ごと上下2段にまとめられていました。無骨な車内にあってデザイン上のアクセントになるだけでなく、機能ごとにエリアが明確になるため運転中のブラインドタッチが行ないやすいといった特徴があります。

 上下2段式のステアリングスイッチはオプションの「AMGライン」(326,000円)のパッケージに含まれます。標準では一般的な平面スイッチ(静電タッチ方式)で、ステアリング形状もAMGラインの異形ではなく標準タイプに。

 こうした縦型画面と独創のステアリングスイッチ、そして「Hi,Mercedes!」に始まる音声入力コマンドのMBUX(Mercedes-Benz User Experience)などは、将来の自動運転社会を見越したHMI(Human Machine Interface/人と機械の接点)として注目されていて、こうしたところからも新世代のメルセデス・ベンツらしさを感じます。

スイッチ・コントロール機能はデザイン上のアクセントになり、さらに運転中のブラインドタッチが行ないやすくなっている

次ページは : ■Cクラスらしく、そしてらしくない走行性能