実は意外な本格派!! 新型エクスパンダー発表! 「タフで使える三菱」が大刷新


 三菱が東南アジアを中心に販売しているクロスオーバーMPV「エクスパンダー」の改良モデルを、2021年11月8日、インドネシアで発表した。今後、同国で販売開始後、アセアン地域を中心に、順次展開していく予定だという。

 今回の改良点を中心に、「使える三菱」エクスパンダーの魅力を解説していこう。

文/吉川賢一、写真/MITSUBISHI

【画像ギャラリー】環境性能と走行性能、利便性を高めた改良が施された新型エクスパンダーを画像でチェック(10枚)画像ギャラリー

■東南アジアで大人気!! いま大注目の3列シートMPV

エクスパンダーのサイズは、4475×1750×1700(全長×全幅×全高)mm、ホイールベースは2755mmの3列シートMPVだ

 三菱 エクスパンダーは、スタイリッシュでルーミーなMPVと、タフでダイナミックなSUVを融合させた、次世代クロスオーバーMPVだ。ダイナミックシールド顔を備え、三菱車ならではの力強さ、存在感、上質感をもっている。クラストップレベルの最低地上高(205mm)は、このクルマの魅力のひとつだ。

 東南アジア圏では、絶大な信頼を得ている「MITSUBISHI」ブランド。ピックアップトラック「トライトン」や、SUVの「アウトランダー」、クロカンSUVの「パジェロスポーツ」といったモデルが大人気となっており、今回の「エクスパンダー」も、2017年にインドネシアで発売開始するやいなや、同国で大ヒット。アセアンや中東、中南米、南アジア、アフリカと、販売市場がどんどん拡大している、いま注目のモデルだ。

 2019年にはクロスオーバータイプの「エクスパンダー クロス」までも登場。エクスパンダーの累計販売台数は、シリーズ合計約37万2000台にまで達している(※2021年10月末時点)という。

■デザインを一新、引き締まったデザインに進化

 今作のエクスパンダーでは、フロントとリアデザイン、およびインテリアのデザインが一新されており、SUVらしさを高めると同時に、トランスミッションにCVTを採用(これまでは4速AT)したことで、低燃費化を実現。また、クルマのデジタル対応として、スマホ置き場やUSBジャックを増設するなど、改良が施されている。

<主な商品改良ポイント>
(1)  SUVらしさを強化し、上質感を高めた内外装デザイン
(2)  環境性能を高めながら走行性能を向上
(3)  スマートフォンに配慮した快適装備や各種収納スペースを充実

 新型エクスパンダーのボディサイズは4595×1750×1700(全長×全幅×全高)mm、ホイールベースは2755mm。フロントオーバーハングが75mm、リアオーバーハングが45mm、従来型よりも長くなり、上質で堂々たるスタイリングへとなった。

 また、従来型の特徴であった最低車高が、205mmからさらに、CVT車で220mm、一部グレードを除くMT車では225mmと、15~20mmも高められ、悪路走破性が一段と高まった。

 進化したダイナミックシールドが採用されたフロントフェイスには、低重心をイメージさせる水平基調のバンパーや、立体的なスキッドプレートが採用されたほか、ヘッドライトユニット形状をTシェイプに変更、上級グレードではLED式が採用されている。

 リア周りも、テールランプ形状とリアバンパー形状を見直し、よりワイドで安定感のあるスタイルへと進化した。従来のテールランプとバックランプに加え、ストップランプもLEDに。最上級グレードでは、17インチへタイヤサイズがアップされるほか、アルミホイールには2トーンの切削光輝仕上げのラウンドリムタイプが採用されている。

インテリアも質感が大幅に高められている

 インテリアも、上級グレードは、水平基調で見切りのいいインストルメントパネルへと一新、ステアリングホイールも、グリップサイズが変更されているほか、アームレストやドアトリムに合成皮革とリアルステッチをあしらったソフトパッドが採用されている。風量レベルや温度設定が一目でわかりやすい液晶表示の空調パネルや、グラフィックデザインを変更したハイコントラストメーターも採用、質感が大幅に高められた。

 また、後席シートには、アームレスト装備車ではフロアコンソール背面にType-AとType-C のUSBポートを1つずつ追加、2列目シートのアームレストにカップホルダーを追加するなど、利便性も格段に向上している。

次ページは : ■新型CVT採用で、環境性能と走行性能を向上