三菱逆襲の行方を左右!! 新型アウトランダーPHEVの超進化と復活への課題

三菱復活の一手になるか? PHEV専売車となった新型アウトランダーPHEVの進化度

 今はSUVが売れ筋カテゴリーとされ、新車として売られる小型/普通車の約25%を占める。15年ほど前は10%弱だったから、SUVの人気は急上昇した。

 SUVはもともと悪路を走破できるクルマとして生まれ、大径タイヤを装着するなど外観に強い存在感が伴う。ボディの基本スタイルはワゴンだから、居住性や積載性も優れている。つまりカッコ良さと実用性を両立させてSUVは人気を得た。

 そしてSUVの得意なメーカーが三菱だ。1953年にジープの生産を開始して、1982年には初代パジェロをヒットさせた。2005年には前輪駆動ベースの新しいプラットフォームを使うアウトランダーを加えている。三菱は定期的に注目度の高い新型車を投入して、SUVの世界を進化させてきた。

 そこで、本稿では新型アウトランダーPHEV進化のすごさと三菱復活の課題について解説する。

文/渡辺陽一郎、写真/MITSUBISHI、池之平昌信

【画像ギャラリー】3列シートの7人乗りも設定! 新型アウトランダーPHEVを写真でチェック!!(15枚)画像ギャラリー

新型アウトランダーはPHEVモデル専用モデルに

2021年12月16日から発売される新型アウトランダーPHEV。先代から設定されたPHEVモデルは、世界累計29万台を販売

 三菱SUV開発の勢いは今も変わらず、2021年10月にはアウトランダーを3代目にフルモデルチェンジした。今の三菱は日産/ルノーと業務提携を結び、新型アウトランダーのプラットフォームは、次期日産エクストレイルと共通だ。

 いっぽうで新型アウトランダーの日本仕様が搭載するパワーユニットは、直列4気筒2.4Lエンジンを使うPHEV(プラグインハイブリッドEV)のみになる。従来型はノーマルエンジンも用意したが、新型はPHEVに絞り込んだ。先代型と同様、モーターを前後輪に搭載して、独自の4WDを成立させている。

 新型アウトランダーをPHEV専用にした理由を開発者にたずねると、次のように返答した。「三菱の技術的な特徴は、電動化と4輪制御にある。アウトランダーPHEVには、その技術が結集されている。国内で販売された先代アウトランダーの70%がPHEVだった事情もあり、新型はそこに特化した」。

 このほか新型アウトランダーでは、PHEVのみを搭載しながら、3列目のシートを装着する7人乗りも用意する。PHEVでは後部にモーターと制御機能を搭載するため、先代PHEVでは、3列シートの7人乗りを用意できなかった。そこを新型では改めている。

 開発者は「先代型ではPHEVの7人乗りを希望するお客様も多く、新型はそこに対応した」と述べた。果たして新型アウトランダーは好調に売れるのか? 

フロントマスクでもっと大胆なファミリーカーへ進化

三菱の共通デザインアイデンティティであるダイナミックシールドを新世代化させ、存在感のあるフロントデザインに

 まず外観は、ダイナミックシールドとよばれるフロントマスクに特徴がある。左右のフェンダーがフロントマスクまで回り込むフルフェイス・ヘルメットのようなデザインで、その左右にLEDヘッドランプを縦方向に並べた。

 ボディの側面は水平基調で、視界は前後左右ともに優れた部類に入る。ボディの四隅も分かりやすい。ボディサイズは全長が4710mm、全幅は1860mmだから少しワイドで、最小回転半径も5.5mになる。小回りの利きは良くないが、視界は優れているので比較的運転しやすい。

インストルメントパネルを貫く水平基調のデザインを採用したインテリア

 内装は上質だ。特に最上級グレード「P」は装飾も凝っている。水平基調のインパネは、標準装着されるスマートフォン連携ナビの9インチWVGAディスプレイを含めて視認性が良い。ATレバーやエアコンのスイッチも操作しやすい。

 居住性は3列シートの7人乗りで確認した。1列目は快適だ。背もたれから大腿部付近をしっかりと造り込み、乗員の着座姿勢が安定する。

 7人乗りの2列目には、220mmのスライド機能を装着した。後端に寄せると、身長170cmの大人4名が乗車したとき、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ分になる。ミドルサイズのSUVとしては、あまり広くないが、2列目に座る乗員の足が1列目の下側に収まりやすい。そのために長身の同乗者が2列目に座っても窮屈には感じない。

 3列目は荷室に装着された補助席だ。床と座面の間隔が不足しているので、3列目に大人が座ると、膝も大きく持ち上がる。そして2列目を後端までスライドさせた状態では、3列目は足元空間が狭すぎて大人は座れない。2列目を前側へ大きくスライドさせると、どうにか3列目に座れるが、2列目の乗員の膝は1列目の背面に触れてしまう。3列目の乗員も同様で、膝が2列目の背面に触れる。

 従って大人が多人数で移動できるのは、片道15分程度の距離だ。それでも自宅から最寄駅までの送迎など、3列目シートを活用できる機会は多い。3列目を格納すると、床面積の広い荷室に変更できるので、ファミリーカーとして使いやすい。

次ページは : 先代モデルよりもパワフルかつ長距離移動も快適に

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ