テリー伊藤が新型アウトランダーPHEV試乗「ここからだぞ三菱!!」


 ワタシは三菱自動車の応援団を自認してきた。しかし、近頃は応援のし甲斐がなかった。パジェロを日本での発売をやめた時には正直やめようかと思った。しかし、今回久しぶりにいいクルマを作ってくれた。25年ぶりの優勝に沸くオリックスファンと同じくらい、うれしい気持ちでいっぱいだ。

文/テリー伊藤
写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】7人乗りも選べる! 新型アウトランダーPHEVを画像でチェック(27枚)画像ギャラリー

■力強さを感じるスタイルで7人乗りも選べる

 今回の試乗会、ワタシを出迎えてくれたのはパリ・ダカチャンピオンの増岡浩さんだ。『ベストカー』編集部が頼んだのか、三菱自動車のほうで気を利かせたのか、いずれにしてもワタシにとって迷惑な話である。というのも増岡さんはワタシの顔を見るとハッスルしたがる悪い癖がある。そんな悪い予感が胸をかすめたが、まずはスタイリングを眺めてみた。

輸入車にも負けない力強さを感じるシンプルですっきりとしたデザイン

 少し大きいがまとまりがあって、何よりかっこいい。ダイナミック・シールドを採用したモデルのなかでは完成度は段違いにいい。特にシンプルですっきりとしたリアのデザインは輸入車にも負けない力強さを感じる。注文をつけるならボディカラーが地味。ベージュやライトブルーのようなカラーもほしかった。

 インテリアは三菱車にしては頑張ったというくらいで、あまり驚きはない。シンプルで力強さをアピールしたいのはわかるが、もっと遊び心があっていい。オッと思ったのはドライブモードが7つもあって、それぞれメーター内にわかりやすくイラストが表示されるのが面白い。

7つのドライブモードがあり、それぞれメーター内にわかりやすくイラストが表示される。写真は「GRAVEL」モード

 新型アウトランダーPHEVは7人乗りが選べるようになった。これはいいニュースだ。ミニバンからの乗り換えを促すなら7人乗りは重要。とにかく、3つの空間があることが大事なのだ。全幅が1860mmもあるので、それなりに気を遣うことになるが、リアシートはシートバックが大きくなったおかげで、ホールド性がよくなった。

 セカンドシートはシングルフォールディングタイプで、フラットに収納できないが、サードシートのほうはフラットに収納される。いつものように、ワタシはサードシートをたたんで寝転んでみたが、なかなか快適、このあたり三菱は手抜きがない。

 特別車中泊好きではないが、最大出力1500WのAC電源を持つ。2つのコンセントがあり、一般的な家電を持ち込んで使えるので夫婦2人で2泊3日くらいは耐えられそう。災害の多い日本でアウトランダーPHEVを選ぼうというユーザーは少なからずいるだろう。

最大出力1500Wの電源があり、2つのコンセントがあるので一般的な家電を持ち込んで使える

■パワーモードの加速を体感

 いよいよ胸騒ぎを抑えながら試乗に向かう。ドアを開けたらすでに増岡さんが助手席にいた。

 「まずはノーマルモードで行きましょう」

 教習所の元気な教官のようだと思ったが、誘い込まれるようにアクセルを踏むとスーと気持ちのいい加速を見せる。踏み込んでもエンジンが始動せず、モーターだけで走っているのが不思議な感じだ。

踏み込んでもエンジンが始動せず、モーターだけで走っている。気持ちのいい加速だ

 「次はパワーモードにしましょう。テリーさん全開です!」

 スピードを出せとそそのかす教官がいるか?? と思ったが、その加速に「わ~あああああああ!!」と思わず叫んでしまった。

 コーナリングに進入すると「そのまま、そのまま! S-AWCが効いてクルマが曲がっていきます!」と教官はアクセルを緩めることを許さない。

 おかげで加速はランクル300のツインターボよりも気持ちよく、よく曲がることがわかった。さらにワンペダル(イノベーティブペダル オペレーションモード)はアクセルひとつで、大きくて重いボディを面白いように加減速できる。これは雪道やきついワインディングで効果バツグンだろう。暴走族のクルマにもこれを強制装着すれば、彼らも暴走できなくていいのに!

次ページは : ■乗り心地と安定性は三菱車史上NO.1