フェラーリが日本販売3年連続増加! スーパーカーの王者たる秘密とは?


 フェラーリの快進撃が止まらない。先だって発表された今年1〜9月の出荷ベース世界新車販売の結果は、なんと前年同期比+27%(!)の総販売台数8206台。年間1万131台を記録した2019年を上回るハイペースで、昨年や2018年の約9200台を年間で上回ることは確実な情勢になってきた。うち日本は889台を記録。2019年から3年連続で前年実績を上回っており、年間で1000台を超えることは間違いない。

 日本でもスーパーカーといえばまずフェラーリが王道であることを改めて証明したワケだが、なぜ日本でスーパーカー乗りたちの心をつかんで離さないのか、各モデルに乗ってきた西川淳氏が解説する。

文/西川 淳、写真/フェラーリ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】フェラーリ強し!コロナにも負けない販売戦略の凄さを思い知る!!(9枚)画像ギャラリー

■V8モデル人気に支えられた跳ね馬の快進撃!

 好調な世界販売を支えているのは、パンデミックから劇的に回復を遂げた中国(香港、台湾含む)マーケットで、前年比なんと236%アップ。さらにアメリカ市場が29%、日本を含むアジアパシフィックが24%と続く。パンデミックの影響が続く欧州市場でも17%増というから、跳ね馬の笑いは止まらない。

 商品面ではV8モデルの人気が凄まじい。F8シリーズというブランド主力のミドシップモデルに加えて、ローマやSF90シリーズといった魅力的なニューモデルの投入、さらにはポルトフィーノのマイナーチェンジもあって役者が揃った。

フェラーリF8トリブート。現在のフェラーリの売れ筋となるV8エンジンモデルだ。3.9Lのツインターボで最大出力720ps/8000rpm 、770Nm/3250rpmと凄まじいパワーを誇る 

 前年同期比でおよそ4割の伸長を記録。フラッグシップの12気筒モデルを大事に温存(希少性を保つ)しつつ、大幅な販売台数増を達成した。もはや頑張って実用モデル(SUVならぬFUV)など作らなくてもいいんじゃないか、と思ってしまうほどの好調ぶりである。

 自動車界の世界最強ブランド。その人気ぶりはもはやパンデミックも撃退するほど不動の強さを誇るに至った。もちろんそのほかの高級ブランドもパンデミック下にあって好調な販売台数を記録しているから、背景には世界的な富の偏在化や格差の広がりなど根本的な理由も大きい。

フェラーリがスーパーカーブランドで最強であり続けるワケとは?

 けれどもフェラーリの強さの秘密はそれだけに留まりそうにない。否、むしろそういったジェネラルな背景がフェラーリの強さを一層押し上げたようにも思う。では、なぜフェラーリは世界でも、そして日本でも、これほど「強いブランド」であり続けるのだろうか。

 ひと昔前であれば、1947年来の歴史を振り返りつつ、フォーミュラ1に代表されるモータースポーツ活動を背景に、スポーツカーメーカーとして王道的なプロモーション&マーケティング活動に焦点を当てて説明することもできたであろう。

360モデナ(1999~2005)。フェラーリがF1で先鞭をつけたセミオートマチックの技術を取り入れた「F1マチック」を搭載

 けれども昨今のフェラーリは、もちろんレーシングシーンではなくてはならぬ存在ではあるものの、F1を見ればわかるとおり決して「圧倒的に強い」わけじゃない。16回というF1最多のコンストラクターズチャンピオン獲得を誇る名門は、2008年以来、頂点の座から遠ざかったままである。どうやらF1イメージ=人気だけで売れているわけではなさそうだ。

次ページは : ■跳ね馬の強さはマーケティングの巧みさと新商品、新技術の投入の速さだ

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ