トヨタ 新型シエンタに評論家3人が見つけた「進化したもの」「守ったもの」

■「1mmも変えない正義感あふれるコンセプト。クルマの挙動も自然体」島崎七生人

 第一印象は、顔つきが実に(今の)フィアット・パンダっぽい……だった。

優しさを感じる顔になった新型。目のデザインが特徴的
優しさを感じる顔になった新型。目のデザインが特徴的

 といってもコレは一種の褒め言葉であり、従来モデルより遥かに外連味(けれんみ)のない自然体の外観デザインは、誰にでもスンナリと受け入れられるものだと思う。

 アーバンカーキ、ベージュ、グレイッシュブルーなどの「道具感」を盛り上げるボディ色もグッド。

 メーカーパッケージオプションの内装色カーキを選ぶとかつてのファンカーゴのようにBピラー部分がボディ色となるのはルノー・カングー、シトロエン・ベルランゴを意識してのことか?

 CE(チーフエンジニア)の鈴木啓友さんの話によれば「取り回し、視界、燃費を考えれば“小さければ小さいほどいい”は、3列シートのトヨタの最小ミニバンであるこのクルマの価値」といい、たとえば全長×全幅は1mmも変えなかったという。

膝部にはあまり余裕がない3列目シートだが、着座姿勢がちょうどいい具合に収まり、身長170cmほどの人でもたまに座るなら問題なし
膝部にはあまり余裕がない3列目シートだが、着座姿勢がちょうどいい具合に収まり、身長170cmほどの人でもたまに座るなら問題なし

 そんな正義感あふれるコンセプトがいい。

 確かに街中での取り回し……ステアリングを切った時の操作に対するクルマの挙動の自然さは印象的。それと、ショートスロープを発明。車椅子の乗せ降ろしを一気に楽にしたウェルキャブには愛がある。

「全車15インチの省燃費タイヤとし、乗り心地も大事にした」(鈴木CE)といい、乗り味は現行アクアに通じる、タプッ! と神経を逆撫でされない快適なもの。

 街中での乗り味はスムーズだし、高速走行での安定感も高い。このあたりは、ひと昔前のコンパクトミニバンから大きく進化した部分だ。

 9月の販売台数で早くも宿敵モデル、ホンダ・フリードを負かしており、これからグングンと台数を伸ばす人気車となるのは間違いない。

●島崎 七生人のトヨタ シエンタ採点表
・使い勝手:10点
・走行性能:10点
・内外装の質感:10点
・乗り心地:10点
・新しさ:9点
・コストパフォーマンス:10点

(TEXT/島崎 七生人)

■「使う側のことを真面目に考えた細かな機能に大感動!」竹岡 圭

 これくらいが適切とボディサイズをむやみに大きくせず、重箱の隅を突っつくようにパッケージング力を磨くことで空間スペースを広げ、3列シートプチバンの真の進化を見せてくれたところが凄いと思いました。

 例えば「2列目の開口部高さを上げることで、腰を屈めずに乗り降りできるようにした」。

 これは、チャイルドシートに座るくらいのお子様がいるママに優しい配慮だったり、はたまたご高齢者の方の乗り降りにも優しいですよね。

写真のように3列目も2列目もダイブダウンするのが特色。この状態なら荷室長は1525mmと劇的長さ! 
写真のように3列目も2列目もダイブダウンするのが特色。この状態なら荷室長は1525mmと劇的長さ! 

 はたまた「2列目の足元空間にスーパーの買い物カゴがストンと置けるようにした」。

 これは運転席の横に立って、スライドドアを開け荷物をポンと置き、そのまま運転席に乗り込んで移動。

 降りる時も助手席や後方など、他に回り込む必要がないので、毎日のこととなるとかなり便利だったりします。

 つまり、プチバンの使われ方を考慮し、一見地味なようでも、本当に必要なものは何かを重視して進化させてきたんだなぁと、ユーザーに感じさせるのが凄いところなんです。

直3、1.5LのNAとハイブリッドというパワートレーン。本命のハイブリッドは力強くて瞬発力もある。3気筒エンジンは意外にも静か
直3、1.5LのNAとハイブリッドというパワートレーン。本命のハイブリッドは力強くて瞬発力もある。3気筒エンジンは意外にも静か

 そういう意味で、かなり感動したのがインナードアハンドル。

 小柄な方だとドアが大きく開いてしまった場合、掴むところに手が届かなくて大変だったりするんですけど、前席は窓のすぐ下に広い横長のくぼみがあって、とっても掴みやすいんです。

 しかも、裏側にきちんと指が引っかかるような凸凹もついています。

 後部座席用はBピラーの裏側あたりに縦長に設けられているのですが、外側に出っ張ってないので乗り降りの際に邪魔にならないけれど、しっかり指を引っ掛けられるという絶妙感。

 かなり地味ですが感動ポイントでした。

●竹岡 圭のトヨタ シエンタ採点表
・使い勝手:10点
・走行性能:10点
・内外装の質感:9点
・乗り心地:10点
・新しさ:8点
・コストパフォーマンス:10点

(TEXT/竹岡 圭)

●トヨタ シエンタ(Z・7人乗り)主要諸元 
・全長:4260mm
・全幅:1695mm
・全高:1695mm
・ホイールベース:2750mm
・車重:1370kg
・エンジン:1.5L、直3DOHC+モーター
・最高出力:91ps/5500rpm
・最大トルク:12.2kgm/3800~4800rpm
・モーター:(F)80ps/14.4kgm(R)3ps/4.5kgm
・WLTCモード燃費:28.2km/L・価格:291万円

【画像ギャラリー】ネガな反応ほとんどなし! 「コンパクトミニバンの超優等生」トヨタ新型シエンタをギャラリーで見る(21枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!