トヨタ新型プリウス 発表の舞台裏と抱えた苦悩 肝心の燃費の話は一切なし!!?

トヨタ新型プリウス 発表の舞台裏と抱えた苦悩 肝心の燃費の話は一切なし!!?

 2022年11月26日、トヨタは5代目となる新型プリウスをワールドプレミアした。しかしながら一番注目されるはずの燃費の話は一切なし。一体なぜなのか? 現地でのファーストインプレッションと発表の舞台裏をレポート!

●トヨタ 新型プリウスのここがポイント
・燃費がいいのは「当たり前」。さらにパーソナルヴィークルとしての魅力を追求。
・新開発2Lハイブリッドはシステム出力193ps、プラグインハイブリッドのシステム出力は223psで、動力性能に優れる。
・第二世代に進化したTNGAはフロント周りを新設計して操安性を高めた。
・全長4600mm、全高1430mmの低く伸びやかなフォルム


※本稿は2022年11月のものです
文/ベストカー編集部、写真/TOYOTA、ベストカー編集部 ほか、撮影/奥隅圭之
初出:『ベストカー』2022年12月26日号

【画像ギャラリー】現地で確かめた!!! トヨタ新型プリウス 内装や座席に座った様子などをギャラリーで見る(37枚)画像ギャラリー

■HVが今冬、PHEVは2023年春頃

5代目となるトヨタ 新型プリウス
5代目となるトヨタ 新型プリウス

 実に印象的なワールドプレミアだった。5代目となる新型プリウスがベールを脱いだのは11月16日のこと。

 これまでのプリウスは、常にプレゼンテーションの主軸は燃費の向上であった。燃費を引き上げるための新技術を徹底的に盛り込み、その説明に時間を費やした。

 しかし、新型プリウスのプレゼンテーションで、具体的な燃費の話はまったくと言っていいほど言及されなかったのだ。

 その背景には、トヨタが今後に向けた『プリウス』の在り方について大いに悩み、方向性に対してある種の決断をしたことがある。

 5代目プリウスの開発初期、コンセプトを定めるなかで、豊田章男社長から「プリウスはどうしても残さなくてはならないクルマ」という、強いこだわりを伝えられたのだという。

 その真意は、「プリウスはみんなの手の届くエコカー」であり、「エコカーは普及してこそ環境に貢献する」という強い信念に基づいてのものである。

 そのため、章男社長からは「新型プリウスはタクシー専用車でもいいのでは?」との示唆もあったという。

リアビュー。全高は先代型より40mm低い1430mmとなり、キャビンが薄くなった印象
リアビュー。全高は先代型より40mm低い1430mmとなり、キャビンが薄くなった印象

 しかし開発陣はこれに抗い、「愛車としての新型プリウス」を主張し、その思いを章男社長と論議し、実現につなげたのだという。

 プリウスはハイブリッド車のパイオニアで、常に最高の燃費性能を追求してきた。新型でももちろんそれは大前提で、燃費がいいのは「当たり前」。そのうえで、パーソナルモビリティとしての魅力を追求する。

 だから、プレゼンテーションでは燃費についての言及はせず、走りのよさ、スタイリングの魅力をアピールした。

 なるほど! プリウスは自らの殻を打ち破って生まれ変わろうとしているのだ。

 それが故の4600×1780×1430mmの低く伸びやかなスタイリングであり、システム出力223ps、0-100km/h=6.7秒とあえて動力性能をアピールするプレゼンだったのだ。

 インテリアだって攻めている! プリウスはある意味、真のカーボンニュートラル実現に向けた、トヨタの強い意志の結集ともいえる。

次ページは : ■パワートレーンは3タイプ TNGAは第二世代に進化

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します