3070万円ならむしろ安い!!? マクラーレン初の量産PHEVスーパーカーアルトゥーラ降臨!!!

3070万円ならむしろ安い!!? マクラーレン初の量産PHEVスーパーカーアルトゥーラ降臨!!!

 2021年2月にマクラーレンのHPH(ハイ・パフォーマンス・ハイブリッド)スーパーカー第一弾として発表された、初の量産PHEV「アルトゥーラ」。2022年11月2日、富士スピードウェイでプロドライバーでもある自動車評論家 松田秀士がアルトゥーラに乗り込んだ!!!

※本稿は2022年11月のものです
文/松田秀士、写真/McLaren、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年12月26日号

【画像ギャラリー】リアデザインの美しさは特筆もの!! マクラーレン初の量産PHEV アルトゥーラをギャラリーでみ(23枚)画像ギャラリー

■PHEV化に際し徹底されたことが伺える軽量化

マクラーレン アルトゥーラ。マクラーレンのアイコンにもなっているディヘドラルドア(通称バタフライドア)も健在!
マクラーレン アルトゥーラ。マクラーレンのアイコンにもなっているディヘドラルドア(通称バタフライドア)も健在!

 マクラーレン初の量産ハイブリッドであるアルトゥーラは7.4kWhのリチウムイオン電池を搭載するPHEVでEVモードも備えていて約31kmをエンジン駆動なしで走ることができる。

 価格は3070万円(標準仕様)。高いがP1(約1億)に比べたらかなりこなれた印象だ。

 PHEV化はバッテリーとモーターなどを含めたコンポーネンツで約130kgの重量増。スーパースポーツにとって重量増は運動性能に影響するから極力少なくしたい。

 そこでアルトゥーラでは新設計の軽量カーボンモノコックを開発。車重は1498kg(DIN)に抑えている。

 このモノコックは今後の電動化のキーとなるアーキテクチャーだ。

リアのデザインは特筆ものの美しさ! 0~100km/h加速は3.0秒とMRとしてはかなり速い!
リアのデザインは特筆ものの美しさ! 0~100km/h加速は3.0秒とMRとしてはかなり速い!

 さらにエンジンも新開発の3L、V6ツインターボ。120度のVバンクの谷間に2個のターボチャージャーを置く。出力は585ps/59.7kgmで720などに搭載されるV8エンジンよりも50kg軽い160kgだ。

 トランスミッションとの間にセットされるモーターは95‌ps/22.9kgmで、エンジンと統合したシステム出力は680ps/73.4kgm。

 トランスミッションも新開発の8速DCT。バックをモーターの逆回転としたことで1速ギアを追加しても全長を40mm短縮できた。

 アルトゥーラはACCやレーンデパーチャーウォーニング、ハイビームアシストなどのADAS(運転支援機能)を備えていて、これらを含めたエレクトリックプラットフォームをCANからイーサネットに変更することで、ハーネスなどのケーブル長を25%削減し10%以上の軽量化を達成。

 つまりマクラーレンはPHEV化に対して徹底的に軽量化を意識している。

次ページは : ■それでも変わらぬマクラーレンらしさ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します