VW 新型ゴルフRヴァリアント&ポロGTI試乗! 最強モデルが劇的進化!!

VW 新型ゴルフRヴァリアント&ポロGTI試乗! 最強モデルが劇的進化!!

 フォルクスワーゲン(VW)から、新しいゴルフRヴァリアント(2022年10月4日)、ポロGTI(2022年11月21日)が発表された。「VWオールラインナップ試乗会」でホットな2台に自動車評論家 松田秀士氏が試乗した。

※本稿は2022年12月のものです。試乗日:2022年12月14日
文/松田秀士、写真/VW、ベストカー編集部 ほか、撮影/奥隅圭之
初出:『ベストカー』2023年1月26日号

■ゴルフRヴァリアントは極上乗り味のステーションワゴン!!

VW ゴルフRヴァリアント。サスの仕上げ以前に、クルマ作りそのものが素晴らしい。最もスパルタンなレースモードでも極上の乗り心地を実現!
VW ゴルフRヴァリアント。サスの仕上げ以前に、クルマ作りそのものが素晴らしい。最もスパルタンなレースモードでも極上の乗り心地を実現!

 新しくなったゴルフRの進化点を説明しよう。

 まずエンジン。ゴルフR専用の2.0TSI EA888evo4(先代はevo3)エンジンは燃料噴射インジェクターの高圧化やフリクションロスの低減などによりプラス10ps/2kgmの出力アップとなる320ps/42.8kgmを達成。

 同時に排出ガスを低減し燃費が向上している。

 そのパワーアップに対してブレーキもフロントディスク径を1インチ拡大した18インチ。

 車高はノーマルに比べてマイナス15mmのハイトダウン、さらにスプリング&スタビは先代R比で約10%の剛性アップが施され、フロントアクスル・サブフレームのマテリアルをアルミ化することで約3kgの軽量化を実現した。

2L、直4DOHCターボはエボ4に進化し、320ps/42.8kgm
2L、直4DOHCターボはエボ4に進化し、320ps/42.8kgm

 ゴルフGTIと異なりRはフルタイム4WDの4MOTIONを採用するが、ティグアンRに採用されるRパフォーマンストルクベクタリングとビークルダイナミクスマネージャーを採用して最適なトルク配分を行い、ニュートラルなハンドリングを目指している。タイヤ&ホイールはオプションで19インチが選べる(標準は18インチ)。

 エクステリアではR専用バンパー、グロスブラックのリアディフューザーに左右4本出しマフラーがRである印だ。

 ステアリングを握るとR専用スポーツシートがしっかりと身体をホールド、コンフォート、スポーツ、レースと各ドライブモードを試す。

R専用の片側2本、左右4本出しのマフラーが精悍
R専用の片側2本、左右4本出しのマフラーが精悍

 アダプティブダンパーの減衰変化でコンフォートは乗り心地も悪くない。

 極めつきはレースモードで、しっかりとタイヤの面圧を上げダイレクト感が増す。かといってピッチングやバウンシングを起こさないところはさすが。

 コーナーでしっかりとアクセルを踏み込めば、リア外輪にしっかりトルクをかけるRパフォーマンストルクベクタリングによってニュートラルなハンドリングが印象的だった。

次ページは : ■ポロGTIも大きく進化!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ