長く乗るほど税金とられるってどゆこと!!? 登録後13年で自動車税が高くなる理不尽さを紐解く

長く乗るほど税金とられるってどゆこと!!? 登録後13年で自動車税が高くなる理不尽さを紐解く

 クルマの所有者が毎年納める自動車税(軽自動車は軽自動車税)。排気量によって税額が決まっているが、この自動車税は新車登録後、13年を経過すると税額負担が重くなる。しかし、クルマは長く使ってあげるのが環境に優しい場合もあるのに……理不尽さを紐解く!!

※本稿は2022年12月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/AdobeStock、ベストカー編集部 ほか
初出/ベストカー2023年1月26日号

■長く乗ったほうがエコな場合だってあるのに…

日産 GT-Rは2007年デビューだがら、登場当時のユーザー車両は自動車税が高くなっている
日産 GT-Rは2007年デビューだがら、登場当時のユーザー車両は自動車税が高くなっている

 ガソリンエンジンの乗用車は初回登録から13年、ディーゼルは11年を経過すると、自動車税が約15%値上げされる(ハイブリッドを除く)。

 軽自動車税は、年額7200円が1万2900円に増えるから1.8倍の大幅増税だ。自動車重量税は、初回登録から13年、さらに18年と2段階で増税する。

 増税の理由は、二酸化炭素の排出抑制などの環境対応だ。環境負荷の大きな車種は、増税して新車に乗り換えさせる狙いがある。

 しかし走行距離が少ない場合なら、クルマが古くても二酸化炭素や排出ガスの発生は抑えられる。

 これを新車に乗り換えるほうが、環境負荷が増える場合もある。車両は開発、生産、流通の各過程で、資源を消費して二酸化炭素を排出するからだ。

 そして公共の交通機関が未発達な地域では、年金で生活する高齢者が、古い軽自動車などを使って買い物や通院をしている。

 新型コロナウイルスの影響で所得が減り、新車の購入を諦めた人もいる。新車の納期遅延で、今使っている古い車両の車検を通した人もいるだろう。

 このような困っている人たちから、多額の税金を巻き上げている。

■新車を売りたいから? 自動車工業会はなぜダンマリなのか

 税金の値下げを訴える自動車工業会が、13年を超えた車両の増税には黙っている。この業界擁護から脱却して、増税撤廃へと動くべきだ。

【画像ギャラリー】納税額一覧も掲載! 大事に長く乗ると税金を増やされる理不尽を時短解説!!(5枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ