新型RAV4発売日&ヤリス年末! ホンダフリード情報など新型続々発表!


 毎日新車ディーラーを回って「生」の新型車情報を仕入れて届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回もトヨタ、ホンダ、日産、そしてダイハツのディーラーから、年内に登場する新型車の情報を山ほど仕入れてきてくれた。

 今年中に新型車を買おうと考えている人は、ぜひともこの情報を参考にしてほしい。

文:遠藤徹


■新型RAV4は2L、2.5Lハイブリッド搭載

 首都圏販売店筋によると、新型RAV4の2019年4月10日に発表、発売となる。ランアップは2Lの純ガソリン仕様と2.5Lハイブリッド車となる見込み。また、発売当初は2列シート5人乗り仕様のみになると思われます。

トヨタの新型RAV4(写真は北米仕様)。ハイブリッド仕様と純ガソリン仕様でフロントマスクが異なる2タイプを用意する可能性が高い

 トランスミッションは、2L車がCVT、2.5Lハイブリッド車は電気式CVT、駆動方式は両パワーユニットとも2WDと4WD方式が設定されます。

 グレードの構成は、2L車がG Zパッケージ、G、アドヴェンチャー、Xで、2.5Lハイブリッド車はG、X。

 ボディカラーは、2L車が8色+2トーンカラーの4色、ハイブリッド車は6色で2トーンカラーはなし。

 2月上旬以降ティザーからキャンペーンが展開され、3月中旬には価格を決めて事前予約の受付が開始されます。販売店は、東京地区は全系列店併売ですが、そのほかの地域は当面カローラ店とネッツ店の併売からスタートします。月販5000台規模を売り、同クラスのトップセラーを目指す構えです。

■ヴィッツ後継車の「ヤリス」は今年末か来年早々に発売

 トヨタはヴィッツの後継モデルである「ヤリス」を今年末か来年早々にも投入する方向でスケジュール調整をしている模様です。

新型ヤリスの本誌予想CG。伝統ある「ヴィッツ」という車名が消滅することになる。世界統一車名が広まってゆくのは日本市場の力が落ちていいるということなので仕方ないが、少し寂しい

 ヤリスは現行型ヴィッツよりも若干サイズアップして、上級シフトします。搭載するパワーユニットは、従来ベーシックグレードに搭載されていた1Lエンジンが廃止され、1.3Lと1.5Lのガソリンエンジン、それに1.5Lハイブリッドという3つのラインアップとなる可能性が高いです。ハイブリッドの駆動方式はFFのほか4WD車も新たに設定されます。

 先進安全装備「トヨタセーフティセンス」は最新のパッケージを標準装備します。従来、ヴィッツはネッツ店の専売でしたが、ヤリスではトヨタ全系列店扱いとなる可能性があります。

次ページは : ■新型デイズは3月末発表、4月発売でスケジュール調整

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ