ホンダ「e」今年中に市販と発表 えっ!? マジでこのまま売るの!??

■「2019年後半に生産開始」と好評

2019年2月27日、ホンダはジュネーブショー(3月5日~17日)に、プロトタイプモデル「ホンダe(イー)」を世界初公開する、と発表した。

今回発表された公式写真。初代シビックや初代ゴルフのテイストを感じる5ドアハッチバックのコンパクトカー

このモデルは2017年のフランクフルトモーターショーで公開され、同年の東京モーターショーにもホンダブースの目玉として日本初公開されたコンセプトモデル「Honda Urban EV Concept(アーバンイーブイコンセプト)」をベースとして、市販に向けて進化させたモデル。

なによりこのニュースで驚いたのが、ホンダの発表リリースに「本モデルをベースとした電気自動車を、2019年後半に生産開始する予定です」とはっきり明言されているところ。

マジですか。売るんですか。

ガラス越しに見えるヘッドレストと比較するとボディサイズはかなりコンパクトだが、リアドアはしっかりあって5ドアモデルであることがわかる

慌ててホンダ関係者に問い合わせてみたところ、「コンセプトモデル」と銘打ってはいるが、ほぼこのままのスタイルで発売される見込み(ただし日本市場への発売はまだ未定だが、今年10月開催予定の東京モーターショーあたりで何かアクションがあるもよう)。

ウッド調のダッシュパネルが特徴的な内装写真も公開された。両サイドにはデジタルアウターミラーのモニターが装備されるよう

詳しいスペックは公開されていないが、「EV走行は(WLTCモードで)200km以上、30分で80%まで充電可能な急速充電対応」だという。

また「サイドカメラミラーシステム」(デジタルアウターミラー)を採用しており、サイドミラーはモニター越しに見ることになる。

2017年のフランクフルトショー出展車として登場した際には、先進的なデザインながらも初代シビックや初代VWゴルフのテイストが色濃く反映されており、「ぜひこのままのスタイルで発売してほしい!」などという記事も書いた記憶があるが、まさかこれほど「そのまんま」で登場するとは。

こちらは2017年フランクフルトショーと東京モーターショーに出品された「Honda Urban EV Concept」。ホンダの原点回帰が見てとれる。まさか本当にこのまんま出してくるとは…

この21世紀にホンダが作る量販ピュアEVが「初代シビックに似たコンパクトカー」というのは、なんとなくロマンがあってワクワクする。ぜひとも日本市場での発売も目指してほしい。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ